« リロ、手術からの生還② (悪性リンパ腫) | トップページ | 現実。 (悪性リンパ腫) »

2013年1月29日 (火)

リロ、手術からの生還③ (悪性リンパ腫)

完全にリロ闘病記ブログと化しておりますが、ブログに記録として残しておきたい私自身の思いもあるため、お付き合いいただけると幸いです<m(__)m>


手術から戻り、現在丸4日が経過したリロですが、日に日に顔つきも元気になり、動きも機敏に、愛くるしい表情を見せながら、母と私にべったりくっついて生活しています。

ミルクの他に離乳食のような流動食も与え始め、食欲も旺盛。
毎日、点滴と抗生剤、検温で通う病院で、ためしに先生が缶詰の流動食を食べさせてみた所、がっつくようにペロっと完食。
先生も看護師さんももちろん付きそう私たちも大喜び。

偏食娘、リロが家に戻っても、美味しそうに餌を食べてくれ、家族も一安心したのが昨日。

120130128

皮膚表面の痛みも軽減されてきたのか、同じ部屋の中にいることが退屈になってきたようで、少しベランダに出たり、隣の私の作業部屋に遊びにきてみたり。
普段、作業部屋には動物を一切入れないので、興味津々で部屋の中を探索。
可愛らしい表情の写真をたくさん撮ることが出来ました。

でも、逆に少し別の場所に出してもらえたせいか、彼女の欲求はさらに大きく…。
1階の今まで生活していた部屋に行きたいと、鳴きわめき、手術から帰ってきた時よりも激しく、ドアに体当たりしたり、ガリガリと絨毯をむしったり。
余りにも凄まじい剣幕で1時間以上も『出して出して』の行動が続くので、私がリロの後をくっついて回る形で下の部屋に連れていくことに。

身体の痛みは多少減ってはいても、まだ思うように身体が動かないリロ。
そんなことはお構いなしに、かなり興奮状態でテーブルの上に登ったり、椅子から椅子をジャンプして渡ろうとしたり。
当然、失敗しておっこちます。
それがまた気に入らない。
カラーを着けているので、いろんなところにぶつかっては、家の隅から隅まで探索が2時間ほど。見張っている私も気が気じゃありません。

さらに、台所にいる母に『違うご飯ちょーだい』の要求連発。
下の部屋はノン&シロやタムの餌も置いてあり、リロにとって誘惑だらけなのです。
しかし、腸内はまだまだ危ない状態。普通の食事を与えるわけにはいきません。

怒り出すリロをなだめても、興奮状態の彼女には伝わるわけもなく、閉院ギリギリの時間に先生に相談の電話。
『もともと繊細な性格のリロにとって、麻酔、手術、毎日の点滴、隔離生活は最大のストレス。このまま我慢させておくことの方が、リロにとってよくないので、家の中を自由に出すことはOK。離乳食も別のタイプがあるので、ためしに食べさせてみましょう』と指示を頂き、急いで、缶詰を買いに動物病院まで走ります。

そんな状況なので自分たち人間の食事などほとんど食べた気になりません。

違う餌を貰えたせいか、興奮状態のリロはかなり落ち着き、暴れだしてから5時間後にやっと回復室に自ら戻っていきました。


※先生曰く、こうゆう行動をする猫はかなりレアケースだそうで、かなり神経が過敏な子にしか出ないそうです(苦笑)


そして、それだけ暴れたせいか、待ちに待ったうんちが出たのです!
それはまだ術前に残っていた直腸部分にたまったものなのですが、手術で胃腸の動きが止まってしまっていた後、食事をしたり、動くことで胃腸が動き、自然な排便が出ることが回復の一歩へのバロメーター。
余りに嬉しくて、病院の先生にまで電話してしまいました。


そのあとは部屋を出たいという仕草を見せたらすぐに出してやるようにすると、20~30分家を探検したのち、自分で部屋に戻ってくるようになりました。


今日も引き続き、病院に連れていったのですが、ひとつ気がかりなのは、熱が少しずつ上がってきていること。

傷口は閉じ始めていたとしても、腹膜が炎症を起こしたり、腹水が溜まる合併症の症状はまだ油断が出来ないのです。

今日の体温39.3℃。
リロの平熱38.5℃まで下がってくれれば、腹膜炎や腹水が溜まってしまう心配はかなり減ることでこのままの経過観察が続くのですが、熱が上がっていけば、血液検査、レントゲン(暴れるので全身麻酔)、腹水を抜く処置、とまたリロにとって辛い治療がやってくることになります。

リロの病院に対する精神的ストレスもかなり限界になってきているので、明日の病院の定休日は点滴などもお休みして一日ゆっくり家で過ごす予定。

その間に少しでも熱がさがり、ストレスが発散できることを望むばかり。

かなり順調に回復はしていますが、まだもうしばらく油断できない状況にあります。

この1週間ほとんどまともな睡眠がとれていない母と私も少しずつ体力に余裕がなくなってきて・・・・。父もタム、シロ、ノンの世話や買い物、掃除などを率先して行ってくれているので、老体に疲れも溜まってきている様子。ハラハラさせられることが多いため気疲れも多いのです。
私は若干風邪気味&腰の痛みが出てきました。
もう少し、リロが落ち着いてくれたら、きちんとメンテナンスをしようと思います。

それまで、家族全員元気で過ごせますように・・・

« リロ、手術からの生還② (悪性リンパ腫) | トップページ | 現実。 (悪性リンパ腫) »

動物の事」カテゴリの記事

猫 悪性リンパ腫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518521/56652321

この記事へのトラックバック一覧です: リロ、手術からの生還③ (悪性リンパ腫):

« リロ、手術からの生還② (悪性リンパ腫) | トップページ | 現実。 (悪性リンパ腫) »

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31