« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

私の宝物たち。

大学病院に行き、先日は友人の紹介でカイロに行ったりしながら、日々ストレッチや軽度の運動を続けてすこーしずつ椅子に座れる時間も長くなってきましたが、まだ痛みが続く毎日。坐骨神経痛手強し。
相変わらず1日の半分以上は横になって過ごしています。

でも、この雪にテンションあがったタムを見て、いっちょ楽しませてやるか!と、家の近所の公園まで父とお散歩に出ました。

20120229
まだ誰も足跡をつけていない白銀のカーペットの上を駆け回り、転がりと楽しそうに過ごすタム。
見ている私が元気貰いました^^

年に一度あるかないかの大雪。
犬年齢では私の歳を超えたタム。
あとどれくらい一緒に雪のお散歩が出来るだろう…と思うと、腰が痛くったってなんのその…なーんて思ってしまうエネルギーをくれるタムくん、君の存在に感謝です。


こちらは昨日のショット。
ノンちゃんが喧嘩で大怪我を負って、人生初の家猫状態(怪我の状態がおさまるまで家の中で保護生活)を5日過ごした後、外に戻したときの様子です。

20120228
5日ぶりに再会したシロにべったり。
太陽が燦燦と降り注ぐ屋根の上でシロに構い続け、結局逃げられてしまいました;
でも雪の本日も仲良くくっついてハウスの中にいます。

そして、家猫のリロ。

昨日までノンちゃんを保護していたことで自分の寝床を取られたのにも関わらず、あっさり譲り渡してしまうという、平和主義のリロちゃん。
寝床を失い、彼女が見つけた新たなベッドは、物置部屋の布団の上。
この物置部屋、リロがパニックになると逃げ込む部屋なのです。
数年前、交通事故に遭ったときもこの部屋でうずくまっておりました。
畳の上にその時の血痕が未だに残っています。

ストレスたまると病気になりがちなリロを心配して、私も布団を移動し物置部屋で5日間過ごしました。
20120126
物置にあったダンボールの中で遊び、洋服の陰に隠れてかくれんぼ。
ずっと一緒に生活していたせいで、猫の言葉まで理解できるくらい猫人間になった私。(本とかよ!?)

あまり自由に動けない毎日を送っておりますが、この子達に元気付けられ、1日1日をゆっくり過ごしております。



2012年2月10日 (金)

長期戦になってます。

随分ご無沙汰しています。

10月くらいから発症し始めた腰痛。

良くなっては悪化し…の繰り返しで、1月の頭に整体&鍼治療を受け、一時的に回復していたのですが、2回目の治療をした際に寝返りすら出来ないほどの激痛と発熱に見舞われ…(治療が強すぎたようで・・・)
昨日までほぼ寝たきりの生活をしていました。
しかも、両親ともにかなり酷い風邪を引き(インフルでなくて良かった)
吐き気を抑えながら、ロキソニン&胃薬常用で最低限の家事をし、あとは寝ている…って日々が続いています。
でも痛みの少ないときにストレッチや腰に負担をかけない腹筋&背筋、スクワット、ダンベル体操などは毎日欠かさずやっています。

何がつらいって特に座るのがつらい。
特にトイレはビリビリ系の脳天突き抜ける痛みが腰から腿のあたりまで走り、出てきたときは脂汗だらだら。一度その痛みが出ると、1時間くらいは立ち直れないのです。
食事もたったまま、ってこと何度も(苦笑)
なので、PCにも向かえず、ブログも放置状態になっておりまして。
今日やっと久しぶりに椅子に座れたので、近況報告です。

一足先に風邪から脱出した父と健康な弟が交代でタムの散歩に出てくれ、朝ごはんは男2人で5時半起きして頑張ってます。
人間だけのご飯だとさほど面倒ではないのですが、タムと猫3匹が朝から騒ぎまくるので、身支度しながら、動物達に餌をやり、片付けをする・・・・と言う一連の作業は今まで何もしてこなかった男性陣にはちょっと大変な様子。
今までは私か母かどちらかがフォローできていたことが2人揃ってダウンなので、『これは仕方ない』と渋々やっているようです。

いろいろ書きたいことはありますが、腰に痺れが…ストレッチして、しばし横になります。

病院の待ち時間もつらいのでもう少し痛みが治まってから大学病院で精密検査受けてまいりま~す。

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31