« ノンちゃん家族の真相は… | トップページ | 膝の上って快適さ。 »

2010年3月 9日 (火)

ノンちゃんのその後…

昨夜の夜遅く、タムが外に出てワンワン鳴きだし、尻尾を振っていた。
「何がいるの?」
と聞きながら、タムの視線の先を見ると、白っぽい影が・・・

「たま」だ^^

ノンちゃん(うちの家族にはノンちゃんの愛称で慣れてしまっているため、テツと呼ぶとハテ?なんで?って顔をするので、今までどおりノンちゃんと呼ぶ事にした)がずっと来ないのを心配したのか、たまの方からノンちゃんを訪ねてきたようだ。
少し餌をやり様子を見ていると、ノンちゃんがハウスから出てきて身体を摺り寄せている。「遠いところわざわざ良く来てくれたね。」と言っているみたいに見えた。

その後、2匹で仲良く餌を食べ、2匹で身を寄せ合いひとつのハウスの中で夜を過ごした。

やれやれ一安心。夫婦愛で食欲が戻ったみたい。
でも、本当に仲のよい猫だよなぁ。と改めて感心してしまった。

今朝は2匹揃って朝食を食べた後、2匹揃ってお散歩に出かけ、30分程したらノンちゃんだけがまたハウスにすっぽり入っていた。やはりちょっと元気がなさそうではあるけれど、食欲も戻っているし、散歩にも出かけたし、この寒さだし、今までが活発すぎる位に元気だったのだから、ゆっくり身体を休める日があったって良し。
私達家族はノンちゃんをもう少し見守る事にした。

そして夕方にはノンちゃんがたまを迎えにいったようで、今も2匹仲良くハウスの中で眠っている。


これは私達家族の憶測に過ぎないのだけれど、もしかしたら仔猫達が保護されて病院で手術を受けているのかもしれない…と思えて仕方ない。

・今週中に捕獲をするからその時は手伝って欲しいと言われていた事。
・天気の悪い日は必ず家族全員(4匹)で餌を貰いにきていた事。
・夜はノンちゃんだけが家に泊まって、たまと仔猫たちはどこか別の寝場所にいっていた事。
・昼間は殆ど顔を見せるだけで家のハウスでは寝ていなかった事。
などを考えると急に仔猫たちが居なくなった寂しさから家を拠り所にしているのかな?なんて思えてしまったり。
そうであれば、数日で戻ってくるから大丈夫。
そうじゃないほうが余計に心配だ。

なんだか、いつの間にかノンちゃん家族が私達の心を占拠するようになってしまった。
動物好きの家系だから当たり前と言えば当たり前なのだけど、こんなに自分が動物好きだったとはなぁ(苦笑)
ますます目が離せない、ノンちゃん達家族。
とにかく今夜は寒いから、暖かくして寝るんだよ。
おやすみ、ノンちゃん。

Img_3936

« ノンちゃん家族の真相は… | トップページ | 膝の上って快適さ。 »

動物の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518521/47767780

この記事へのトラックバック一覧です: ノンちゃんのその後…:

« ノンちゃん家族の真相は… | トップページ | 膝の上って快適さ。 »

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31