« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月30日 (火)

今日のメニューは…

空気は冷たいものの、朝から太陽の陽射しが降り注ぎ気持ちいい陽気。
陽だまりはポカポカで、猫も犬もずっと日向ぼっこ。
こんな日は洗濯日和。シーツから薄掛けの布団など大物を朝から3回洗濯機回しして洗いました^^

母の帯状疱疹は今日で10日目。3回目の点滴からやっと疱疹の広がりが止まり、腫れも少し治まったような…しかし連日の病院通いも結構大変で、帰ってくるとぐったり寝込んでいます。
明日は病院が休診日なのですが、重症の母の経過を観察したいと(点滴も必要との事で)特別に午後から診て貰える事に。頭痛が酷いので髄膜炎になっていないか経過観察が必要なようで、まだまだ病院通いは続きそうです。

普段は働き者の母がダウンとあって、私含め家族もだんだんと疲れが溜まってきました。
いつもより睡眠時間を充分にとっても眠りが浅いのか夢ばかり見て朝起きた途端に疲労感。
こんなに寝たのになんでぇ~って感じ。夕方になると身体がズンと重くなります。

夕飯の支度と片づけがなければ楽なのになぁと思うこともありますが、父が糖尿病で毎日の食事での制限があるため適当にって訳には行かず…ちゃんとカロリー計算していても、GI値を気をつけていてもここの所血糖値上がり気味。昨日は野菜メインの食事にしたのに、250まで跳ね上がってしまって;なのに体重は減少気味。基礎代謝の良い父はカロリー抑えるとどんどん痩せていってしまうので、血糖値を上げずに、体重を減らさない栄養バランスの良い食事を作ることが大事。このバランス結構難しいのです。
今日は鯵の干物と豆腐と味噌汁に決定。一度上がると下がりにくい血糖値、粗食にて下げてもらわねば…。
一方働き盛り、食べ盛り(?!)の弟はこのメニューじゃお腹一杯になりません。
更に野菜炒めと焼肉をメニューに追加。家族の健康状態を見ながら毎回メニューを考えるのってけっこうめんどい。母は難なくやっていたけど…わたしゃまだ修行が足りないようです。

明日は何を作ろうかな…。
暫くはメニュー決めの夢を見続けそうです。

2010年3月28日 (日)

桜よ…

「きっと今日が一番酷いのよ、明日にはきっと良くなってると思うわ」
と言いながら、翌日目が覚めると、「今日が一番辛い気がする…」とどんどん悪化する帯状疱疹に苦しむ母上様。今日で寝込み始めて8日目。

評判が良いと初めて行ってみた皮膚科に金曜日2度目の診察。症状悪化しているのにも関わらず、点滴や注射の1本も打って貰えず、塗り薬も消毒薬だけの処方で、塗れば塗るほど悪化してる様子。翌日の土曜日の朝、更に疱疹の範囲が広がって顔半分、耳の中まで真っ赤に腫れ上がった母の顔を見て、父がおろおろし始めた。そこで20年来通い続けている掛かり付けの病院に行きなおす事にしたのだ。
最初にその病院に行こうと思った時は休診日ということもあって、別の病院に行かざるを得なかったのです。

いつもの先生に診て貰ったら「なんでこんなになるまで来なかったの!このままじゃ髄膜炎になってしまう」と本来は入院治療のときにしか使えない点滴を毎日受けに行くこととなりました。
「歩いてもダメ、家事炊事もってのほか、掃除機なんかも掛けたりしちゃダメ。とにかく疲れることは一切しないこと、お風呂もダメ、このままじゃ後遺症が出るわよ。安静じゃないのよ、絶対安静よ、絶対安静」と看護師さんと医者に脅され、かなり凹み気味で帰ってきた、母。病状に個人差のある帯状疱疹、薬を飲んで寝ていれば2、3日でよくなると軽く考えていたらしく(私と父はこの状態はかなりやばいんじゃないの?と初めから重症化する事を感じていたけど…)日に日に辛くなる肉体的苦痛と見た目の悪化、プロから改めて事の重大さを知らされて「気が滅入る…」とかなり弱気になっている。やっと全快するまで何もせずおとなしくしていようと心に決めたらしい。

それを機に、我が家族の男どもも自分の事は自分でしよう!と言う気になってくれたのであります。

それにしてもこんなに酷い帯状疱疹を見るのは初めて。私の時は抗生物質をのみ始めて3日位で疱疹の広がりは抑えられたのに、母の場合は5日経ってもまだ拡大中。最初の病院での初期治療で点滴さえ打ってくれればこんなに酷くはならなかったはず…と怒りすらおぼえる私。60代後半とは言え女ですしね、顔や首が醜い状態になるのは本人も見ている家族も辛いのです。
とにかく一日でも早く悪化が治まってくれることを祈るばかり。

ここの所寒い日が続いて桜の開花が遅れてくれている事が我家にとってはせめてもの救い。川沿いの桜を見ることを何より楽しみにしているので、せめて車の中からでもお花見が出来れば…と思っているのです。

昨日は看病と家事疲れを労いにMさんがケーキを持って家の方まで来てくれました。
ひとりでは持ちきれない野菜などの重い買物を車で運んでもらったりしながら、一緒に桜の開花状況をチェックしに恩田川まで。

Img_4602

Img_4604

まだ桜は3分咲き程度。来週末が一番の見頃かな?それでも沢山花を咲かせている樹もあり、充分風情ある光景でした。丸々太った鯉が何匹も川を泳ぎ、鴨も水辺を楽しそうに泳いでいました。ほんの数分でしたが、私にとってもとても良い気分転換になりました。

Img_4607
一時、かなり気分が沈みこんでいた母も、この写真を見て「やっぱり桜を見に行けるようにちゃんと治したい」と少し気持ちが前向きになってくれたようです。
やっぱり桜のパワーって凄いよな。

桜よ、今年は出来たら一日でも長く咲いていておくれ。…と私はいつも以上に願っているのであります。

2010年3月26日 (金)

お母さん、離さないよ!

母が帯状疱疹で寝込み始めて早6日目。
いつもご飯とおやつをくれて、一日に1~2度部屋の中で遊んでくれる(紐の引っ張りっこやボール投げなど)お母さんがタムの前に姿を見せなくなって同じく6日目。

昨日の夜、タムがトイレに起きてきた母をトイレの前でずっと監視。その後、自分(タム)の部屋に引き擦り込み、あっという間に母の膝の上を占拠したタム。相当お母さんが恋しかったらしい。

Img_4555「久し振りのお母さんのお腹の上は気持ちいいぜ」と言わんばかりにべったり。

Img_4562 「お母さんは病気だから、タムもいい子にしていてね」の母の言葉に目を見ながら聞き入るタムでしたが…
「もうお母さんは部屋に戻るから降りてちょうだい。」と言われると…

Img_4564 不貞腐れ顔で「やーだよ」

Img_4561前足で母の足をしっかり押さえ込み「絶対動かないもんね!」と視線を逸らされてしまいました。でも母はとっても嬉しそう^^

家族が病気になった時の動物達の反応は正反対で、タムは病気の人や元気のない人に寄り添い、癒しを与えてくれます。一方リロは病人嫌い。一定の距離を保ち近付きません。今回は四六時中そばにいる母が寝込んでいるとあって、構ってもらえずご機嫌がまあ悪い。新聞紙を契り撒き散らしたり、爪を切ろうとすると激しく威嚇したり。

人間にとってもペットにとっても母の存在は偉大なのであります。

私も社会人時代に首から下の左半身全部におびただしい疱疹ができ、1ヶ月間会社を休む事になってしまったほど帯状疱疹が重症化した経験があるのですが、今回の母の場合は、つむじから首までの右後頭部全域(頭皮)と耳、首前面から顔の頬。そして胸、肩、腕と上半身の殆どが酷い水ぶくれで、痛みにおいては全身。起き上がっているのは30分が限度で倦怠感と吐き気もかなり強く、私の時より見た目からしても酷いのです。
しかも殆どが人目にさらされる箇所。知らない人は見ただけで気分が悪くなりそうなくらいの気持ち悪さ。医師からも「覆い隠すように何か巻きますか?」と言われたらしいのですが、痛みが激しく「何かを貼られること自体無理です。」とそのままの状態で帰ってきました。

痛みが治れば次は痒みとの闘い。私は掻いてはいけないと言われたのにも関わらず、余りの痒さに掻き毟ってしまい、傷跡が完全に消えるまで10年くらいかかってしまいました。
高齢になればなるほど、神経痛が残るとも言われている病気なので、今回はしっかり身体を休めてきっちり全快して貰いたいものです。

なんだかんだ偉そうなことを言っても母頼りで生きている私はじめ家族一同。
特に男どもは食事に関する事は一切出来ないので、これを機に何か少しずつでも生活を変えていく事が家族みんなの健康に繋がると再認識。助け合って支えあって家族みんな笑顔で過ごしたいもんです。

まだ長期戦になりそうな母の闘病生活、支える家族も参らないようにペース配分と適度な手抜きをしながら乗り切っていこうとおもいます。

2010年3月25日 (木)

早く帰って来ないかな?

昨日からザーザー振りの雨続き。
もうすぐ桜が咲くってのに寒くて嫌になりますね。洗濯もん乾かないしぃ。

雨が降るとつまらないのは人間だけではありません。
流石にこの雨だと長いお散歩は出来ないので、家に居る時間が長いタム。

大好きなお母さんはずっと寝込んでいて遊んでくれないし、ボスであるお父さんも今日は1日がかりで病院に行ってしまって留守。
お姉ちゃん(私)忙しそうだし…

家事の合間にタムを見ると…
Tamu3 窓の外をひたすら眺め、お父さんが帰ってくるのを待っております。

Tamu2なんだか後姿、哀愁漂っている感じ。
寒いの承知で窓を開けてやりました。
このポーズで待つこと1時間。さっきお父さんがやっと帰ってきました~^^

明日は雨があがるみたいだし、いっぱい散歩しようね。
そして母の帯状疱疹が早く良くなりますように…

2010年3月24日 (水)

私の町も開花宣言!

一昨日、ソメイヨシノの開花が発表されNEWSで何度も取り上げられていたので、我が町田の桜の名所『恩田川』の開花状況をチェックしに昨日タムと散歩に行ってきました。

町田市成瀬の恩田川河畔は桜並木の遊歩道が整備され、知る人ぞ知る桜の名所。桜並木の河畔は成瀬街道が恩田川を越える高瀬橋から横浜市緑区との境に近い都橋にかけての三キロほど川の両岸に延々と続きます。満開時は壮観です。

昨日の状況は遠目からみると桜の枝はピンク色に染まって見えてますが、実際は0.5分咲き位かな?

Img_4538_2

Img_4532
日当たりの良い場所と、木の幹から直接蕾が出ている箇所でチラホラ、桜の花が開いておりました^^

Img_4542まだまだお花見するには早いですが、こんなにふっくら膨らんだ蕾がいっぱい。
私は毎年、タムと散歩をしながらこの桜が一分咲き…二分咲き…と花開いていく過程を観察するのが大好きです。杉&ヒノキ花粉が辛くてもマスク&眼鏡&帽子の怪しい格好で見に行きます。
今日はあいにくの雨で桜並木までの散歩は難しそうですが…。
毎日のように桜の状態を見に行って、満開の頃に家族とタムと一緒に桜を見るのが我家の恒例行事。今年は100歳になる祖母を連れて見に行こうと計画を立てていたのですが、日頃の疲れが溜まったせいか急に母が重度の帯状疱疹になってしまい、数日寝込んでおります。
1年に1度しか見ることの出来ない壮大な桜を家族や好きな人と見に行くのが私の最大の楽しみなだけに、あと1週間で外に出られるくらい回復して欲しいのですがね。
とりあえずゆっくり身体を休養してもらうため暫くは主婦代行で頑張ります!

そんな訳で今週の新作発表はお休みです。

2010年3月19日 (金)

ブルー祭り!

数え切れないほどの天然石の種類がある中で、私的にはブルー系のストーンのバリエーションがとても豊富だなぁと感じてます。
薄いペールブルーのような青、濃い群青のような青、透明感があったり、マットな色合いだったり、ミルキーな質感のものも色々…
石自体の色は別の色でもブルーの光を放つものもあったり(ラブラドライトやムーンストーンなど)

冷静さと爽やかさを兼ね備えていて、個人的にも好きな色であります。

そんな色々な青をご紹介したくて、今回はブルー祭りと題して、メインカラーが青の作品を6点作りました。

Img_4460まずは一番のおススメ、吸い込まれそうな深いミッドナイトブルーが美しい、ロンドンブルートパーズのフープピアスです。小粒ながら存在感大。メインストーンが引き立つように他に使用したストーンはモノトーン中心。小さなベビーパールをフープ部分に半分だけ巻き付けたハーフライン。シックな色合いの中にフェミニンな女性らしさを詰め込んだ絶妙なバランスです。流通量も少ないのでなかなか高価な石でこの2石分の仕入れです。

Img_44441 続いて、少し大きめ3cmのフープピアスです。
ぷっくりとしたマロンカットのラピスラズリがポイントになって、フープ部分にはメタリックカラーのヘマタイトの2mmビーズを丁寧に巻きつけました。かなり大人っぽい印象です。ラピスはインクルージョンも少なめの高品質。マットな色合いですがカット面がキラキラ輝きます。

Img_45051

Img_4468そしてこちらは、私が一目惚れしたシーブルーカルセドニーを使ったネックレス&ピアスです。合わせた色は深い紅のガーネット。斬新な色使いですが、シンプルな装いのアクセントやリゾートなどでも活躍しそうな大人可愛い作品。シーブルーカルセドニーの上にチョコッと載せたK14GFのミニクロスもポイントです^^

Img_45091最後は優しいペールトーンの軽やかブレスレットとピアス。
メインストーンは同じシーブルーカルセドニーなのですが、あわせる色が変るだけでこんなに可愛らしくラブリーに印象に。色合いは決して甘くないので、あえて大人の女性につけていただきたい作品です。

まだまだ作りたいブルー作品、いっぱいあります。
小振りな作品が続いたので、今度は大振りな大作を作ろうかとデザイン思案中。

ブルーの他には、これから沢山の草木が芽吹いて新緑が綺麗な季節。心さえ浄化されそうな綺麗なグリーン作品も作りたいと思っているのでお楽しみに。

2010年3月16日 (火)

膝の上って快適さ。

おはよう、お姉ちゃん。昨夜もココで寝たよ。今日は暖かいから未だ眠いんだ、ボク…。
Img_4424_2
でも膝の上に乗っかると気持ちいいよね。もっと暖かいし。
(縁側に足を伸ばして座るとすかさずノンちゃん私の立派な太ももの上に乗っかってきます。)
Img_4427
極楽、極楽。お姉ちゃんはボクを脅かしたりしないし、毎日ブラシしてくれて気持ちいいんだ。ねえお腹撫でてよ。
Img_4430
そうそう、これ、最高。また眠くなっちゃう。
Img_4431

気持ち良すぎて、もっと伸びちゃう。

Img_4436
こうやってるとボクのママを思い出すんだ。小さいとき、おっぱいふみふみしてお乳貰ってたんだよ。だから勝手に手が動いちゃう。

Img_4439
こんな顔になっちゃった。

Img_4441

しあわせ、しあわせ。
いつも子供の面倒ばかり見てるから、たまにはボクも甘えたくなるんだよね。お姉ちゃんありがとう。これから奥さんと子供達の所に行ってくるよ。また膝の上に乗らせてね。

Img_4443

まだ寝ぼけ眼のノンちゃんは膝の上でひっくり返って、櫛で全身梳かしてもらって、たらふくご飯をたべた後、庭を去っていきました。

完全無防備でこんなに甘える野良に私は初めて出会いました。
タムもリロもブラッシングは10分が限度なのに、この子は私がやめるまでずっとゴロゴロ言いながら身を委ねています。時には身体を回転させて『ココもかゆいの、やって』と言わんばかりの悩ましい顔して。って言っても男の子ですけどね^^。家族の前では立派なお父さん猫だけど、まだ1歳半のあどけなさがいっぱいの可愛い男の子。癒しを求めに家に遊びに来てるのかも知れません。そんなノンちゃんに充分私は癒されております(笑)

疲れたらまた遊びにおいで。いっぱい可愛がってあげるね。

2010年3月 9日 (火)

ノンちゃんのその後…

昨夜の夜遅く、タムが外に出てワンワン鳴きだし、尻尾を振っていた。
「何がいるの?」
と聞きながら、タムの視線の先を見ると、白っぽい影が・・・

「たま」だ^^

ノンちゃん(うちの家族にはノンちゃんの愛称で慣れてしまっているため、テツと呼ぶとハテ?なんで?って顔をするので、今までどおりノンちゃんと呼ぶ事にした)がずっと来ないのを心配したのか、たまの方からノンちゃんを訪ねてきたようだ。
少し餌をやり様子を見ていると、ノンちゃんがハウスから出てきて身体を摺り寄せている。「遠いところわざわざ良く来てくれたね。」と言っているみたいに見えた。

その後、2匹で仲良く餌を食べ、2匹で身を寄せ合いひとつのハウスの中で夜を過ごした。

やれやれ一安心。夫婦愛で食欲が戻ったみたい。
でも、本当に仲のよい猫だよなぁ。と改めて感心してしまった。

今朝は2匹揃って朝食を食べた後、2匹揃ってお散歩に出かけ、30分程したらノンちゃんだけがまたハウスにすっぽり入っていた。やはりちょっと元気がなさそうではあるけれど、食欲も戻っているし、散歩にも出かけたし、この寒さだし、今までが活発すぎる位に元気だったのだから、ゆっくり身体を休める日があったって良し。
私達家族はノンちゃんをもう少し見守る事にした。

そして夕方にはノンちゃんがたまを迎えにいったようで、今も2匹仲良くハウスの中で眠っている。


これは私達家族の憶測に過ぎないのだけれど、もしかしたら仔猫達が保護されて病院で手術を受けているのかもしれない…と思えて仕方ない。

・今週中に捕獲をするからその時は手伝って欲しいと言われていた事。
・天気の悪い日は必ず家族全員(4匹)で餌を貰いにきていた事。
・夜はノンちゃんだけが家に泊まって、たまと仔猫たちはどこか別の寝場所にいっていた事。
・昼間は殆ど顔を見せるだけで家のハウスでは寝ていなかった事。
などを考えると急に仔猫たちが居なくなった寂しさから家を拠り所にしているのかな?なんて思えてしまったり。
そうであれば、数日で戻ってくるから大丈夫。
そうじゃないほうが余計に心配だ。

なんだか、いつの間にかノンちゃん家族が私達の心を占拠するようになってしまった。
動物好きの家系だから当たり前と言えば当たり前なのだけど、こんなに自分が動物好きだったとはなぁ(苦笑)
ますます目が離せない、ノンちゃん達家族。
とにかく今夜は寒いから、暖かくして寝るんだよ。
おやすみ、ノンちゃん。

Img_3936

2010年3月 8日 (月)

ノンちゃん家族の真相は…

一年程前からうちの庭にちょくちょく顔を出すようになり、最近では家族で餌を貰いにくる野良猫ノンちゃんの身元が最近判明した。

Img_2805 (去年の10月ごろの写真)

わかったのはタムの散歩中。我が家から歩いて6〜7分の町内の駐車場にノンちゃんと連れだってうちにやってくる茶色の猫『たま』と白猫の『しろ』を見かけたのだ。その駐車場の近くには近所の野良猫ちゃんたちを保護して避妊や去勢手術をしたり、餌を与えたり猫ちゃん達を救うボランティア活動をしてる方の住まいがある。年に数回バザーをするなどして資金を集めていると言うことは昔からきいていて出品協力などしていた。

一緒に歩いていた母と私は『もしかして○○さんちで保護されてる猫かもしれん!』と真相を確かめにそのお宅の奥さんのもとに!。

奥さんと色々話をしていくうちにノンちゃんは本名『テツ』と言う名前のお父さん猫と判明。

うちに来た時はまだ独り者だったが、昨年の春頃お嫁さんを貰い、7月に3匹の仔猫の父親になった。
去年の秋ごろからやってきた『たま』は奥さんで、その後つれて来た『しろ』は子供のうちの1匹だった。

上が奥さんのたま。下が子供のしろ。

Img_3275

Img_3615
最近は一緒に三毛猫の『ミケ』も一緒にやってくる。とても臆病者で人前になかなか出てこないので写真に収めることは出来てないけれど…。とにかく良く似てる猫だとは思っていたし、仲の良さから血縁関係だとは思っていたけど…やっと真相解明。もう1匹の子供はボランティアの方の一人が家猫として飼っているいるということ。

恐らく、テツは捨て猫だったのだろうなぁ。うちの家族の面々にとても懐いていて、最近では毎日つげの櫛で毛をすいてやるとゴロゴロ喉を鳴らしてリラックスしている。
他の3匹は少しは慣れてきたものの、身体を触らせたりはしない。ボランティアの方の庭にハウスを作ってもらいそこで子育てをしていたそうなのだが、人間が餌をあげに近付くと警戒して逃げていってしまうらしい。

うちに来ているときもそれはそれは面倒見のよいテツ(ノンちゃん)、まず自分が私達の居る居間の窓から顔を出し、ご挨拶。餌を貰って暫くすると他の猫達を呼びに行く。他の猫達が揃うとその猫たちを窓越しに連れて来て、いかにも「他に3匹居るんです…もう少し餌を下さい。」と言わんばかり。自分は見張りにまわり、先に女子供にご飯を食べさせる。お行儀よくお食事が終わると4匹で毛づくろい。最後にノンちゃんだけが私達のところに再度やってきてご挨拶。時には「もう少し下さい」と言う目をする時もあれば、「ありがとう。少し撫でてください」って顔するときもある。とにかく愛想よし、面倒見よしの見上げたパパだ。それは実家(ボランティア)の家でも同じらしく、子供が産まれたばかりの時は特にずっと母猫と子供のそばについて見張りをし外敵から守っていたそうで、子供達が大きくなると行動を共にし外の世界の様々なことを身を持って教えていたようだ。仔猫と一緒にじゃれあいながら、遊びが過ぎるとちゃんと一喝して(猫パンチ)躾をしてる姿を私も何度も目撃した。

最近は子供達も大きくなり個別の行動をとるようになったのか、夫婦2匹で我が家によくやってくる。
奥さんに対してもとても優しい旦那様なのである。

ちなみにこの2匹、既に避妊・去勢ずみ。仔猫が産まれたあとに『このまま増え続けたら不味い』とボランティアの方が病院に連れていってくれていたとのこと。その話を聞いて私も母も胸を撫で下ろした。

次は仔猫達の番。近々我が家にも猫取りかごを仕掛けて病院に連れていってくれるそうだ。
猫にとっては一時とても怖い思いをさせてしまうことになるけれど、悲しいがな野良猫はどうしても邪魔もの扱いされがち。今ある命を大切にするためにはこれ以上野良ちゃんを増やさない事も大切だと思う。

それにしても猫の家族を見守っている人が、実は何人もいたと言うことはとても嬉しい。

そして避妊、去勢した猫同士とは思えないほどの仲睦まじさ。夫婦寄り添いながらひとつのお皿で餌を食べ、ひとつの寝床で寝てる姿を見ると見てる私達も心が穏やかになる。強い絆が出来ているのだろうな…と見ていて感じる。

基本的に奥さんと仔猫2匹はボランティアさん宅で過ごし、テツ(ノンちゃん)は我が家で過ごしていることが多い。1日に何度も奥さん達のもとに行き、たまに別宅の我が家に家族を連れてくるのが日課。

しかし昨日の夜からテツ(ノンちやん)の様子がおかしい。いつもは雨戸を閉める時にハウスから飛び出し、最後の餌を催促しにくるのだが、昨夜は顔を出しただけでハウスから出てこようとしない。相当雨に打たれたようで体はびしょ濡れ。狭いハウスの中にタオルを入れゴシゴシ拭いてやっても出てこない。

今日も餌も食べずに1日ハウスの中にいる。風来坊が代名詞のノンちゃんがずっとじっとしてるなんて、どこか具合が悪いのであろう。怪我をしてる様子もなく、ただグッタリしてる。一時間置きに様子を見にいってもただハウスの中で撫でられているだけ。私の掌の上に顎を乗せて眠ってしまった。大好きなモンプチの鰹缶を開けてやっても見向きもしない。
心配で心配でたまらなくなってしまった家族一同。今夜一晩様子をみて、明日出てこなかったら病院に連れていくことにした。

いつも元気なノンちゃんが元気ないのはとても切ない。早く元気になっておくれ。君の家族のためにも我が家の家族のためにも。

シルバーVSゴールド

鮮やかなピンクのマダガスカル産のルビーのピアス、ゴールドベースとシルバーベースで2点出来上がりました。

シルバーの方はちょっとラブリーな可愛いデザイン。先日UPしたレインボームーンストーンのピアスとほぼ同じ形。私は個人的にこのデザインと小さめフープが好きで(華やかさがありながら、コンパクトサイズなので目立ちすぎない佇まい^^)自分用にも色違いや石違いでこのデザインを採用してます。

Img_43851
ゴールドの方はちょっとシャープにかっこよくシンプルに仕上げました。
縦のラインを強調しつつも短めの3.5cm。Img_43921同じ石を使いながらも、パーツのベースカラーによってイメージもグッと変ります。

通常シルバーベースはシックな作品、ゴールドベースは華やかな作品と感じられがちですが、最近はゴールドでもマット加工やアンティーク加工でシックなアクセサリーも増えていますし、繊細なラインのものはゴールドもカッコいいです。

私自身の好みは20代前半までイケイケバブルの名残でじゃらじゃら系ゴールド好き。
その後大人の女性に憧れて30代前半まではプラチナやホワイトゴールド、シルバーが好きでした。そして30代後半の今はゴールドやピンクゴールドが好きに。

歳とともに好みが変るのもあるのですが、洋服など身につけるものは似合う色やデザインが少しずつ変ってきます。ライフスタイルも違えば、洋服のテイストも変りますし、ヘアスタイルでもイメージ変わって今までの服が似合わない!って事がありませんか?シルバーは最近私がつけるとちょっと寂しい色味になる事が多いと感じ、肌馴染みがよく顔の映りが明るくなるゴールドを自然に選ぶようになったのかも知れません。
着けていて落ち着くのはグレー系のラブラドライトや茶系のスモーキークオーツなど選ぶ天然石の色が地味目な色好きって事もあるのかも知れませんが…。

作品として作るものは出来るだけ最初に浮かんだイメージと石の質やバランスを重視してるので、個人的な好みに偏らないように気をつけてバランス良く違和感ないものを作っていきたいと思ってます。

2010年3月 7日 (日)

アシンメトリー

規則的に左右対称にきちんと石が並んでいる作品もありますが、結構私が好きなのはアシンメトリーな(左右非対称)デザインのネックレスやピアス。

同じ石を使いながら、ちょっと左右の配列を変えたり、バランスを考えながら遊び心を作品に込めるのが好きだったりします。

去年辺りから巷で売られているピアスも片方だけだったり、左右長さが違ったり。
私はピアスホールが左2個、右1個と非対称に開いているので、たまに違ったバランスでピアスつけることもあります。
髪の毛の隙間からチラリと見えるピアスの長さが微妙に違うのもお洒落。
今回はトロリとした質感が優しいホワイトムーンストーンのアシンメトリーピアスのご紹介です。

Img_41054

春の草花を思わせるグリーンからオレンジのグラデーションが爽やかです。キャッチポストのピアスなのでそれほど長さも感じられず、ささやかにアシンメトリーを楽しめる小粒サイズです。
髪をUPにして耳元だしでも可愛いです。

現在作っているの鮮やかピンクのルビーピアス。
赤というより、キャンディ^カラーのようなピンクのルビー。可愛くなりすぎないようにシンプルなデザイン考案中です。
近日中にご紹介予定です。

2010年3月 6日 (土)

ラブラドライト

毎日、日替わりのお天気模様、着るものに困ってしまいます。
明日は雨から雪に変るくらい寒いお天気だとか…。来月の今頃には桜が満開になるんですがね。まだ春は遠しです。

暫くゴールドフィルドパーツの作品が続いたので本日はシルバー925のシックなネックレス&ピアス。
私が自分でアクセサリーを作るきっかけになった出逢いのストーン『ラブラドライト』を使用した作品です。

Img_4356神秘的で宇宙のようなラブラドレッセンス豊かな極上のラブラドライトです。

大好きな石なのでいつか自分のご褒美に作ろうととってあった石ですが、ネットショップをはじめてから良い石は独り占めせず、皆様のお手元に…^^。石の素晴らしさを分かち合いたいと思うようになりました。最近の自分用は欠けていたり、ひびが多く入っていたり…商品価値はないけれど捨てるには勿体無いちょっと出来損ないストーンを試作がてら自分用に作って使っています。

石って硬そうなイメージですが意外に繊細なのです。硬度もそれぞれ違いますし。
連(1本のワイヤー通して繋げて売っています)で仕入れた時は気が付かなくてもひとつずつばらして検品すると穴が割れていたり薄かったり、穴位置が極端に曲がっていたり、インクルージョンが多かったり…。それも石の個性のひとつなので著しく見劣りしないものは使っていますが(それが味になるものあるので)どうしてもはじかざるを得ないものあって。

↑こちらは吟味して1点のみ仕入れしたものです。
裏表でレッセンスの色合いも違うので、両面で使っていただける一粒で2度おいしいペンダントです。
色味も落ち着いているのでお洒落な男性がつけてもかっこよいと思います。

Img_43771

Img_43701
お揃いのピアスは少し大きめストーンなのでシンプルに。
少し濃い目の色目ですが、透明感もあって艶もあってキレイなマロンカット。薄いブルー~イエローのレッセンスが強いラブラドライト。
フックからメインストーンもチェーンも取り外し可能なので、マロンカット1粒でも、チェーンとの重ね付けも両方お楽しみいただけるピアスです。

2010年3月 5日 (金)

和みの時間

ポカポカお天気の昼下がり、ブラッシングをしようと玄関先にタムを呼んだ。
「キレイキレイするから、おいで~」
の声に反応したのは、リロ。

昨年9月痛ましい交通事故にあって以来、性格も変化し行動も変ったリロ。
以前はマイペース、気まま、気まぐれ、媚びない自由な猫だったのが、最近家族に対してもの凄く甘えるようになった。それは人間だけじゃなく犬のタムに対しても。
小さいとき甘噛み魔だったタムに噛まれてはいけないと犬と猫を隔離して育てていたこともあってお互いに無関心だったのに。

Img_4328タムが外に出るとすかさず後を追いかけ身体をすりすり。

Img_4335リロ最大の親愛の情、「股くぐり」

Img_4322
リロからの突然のお誘いに戸惑ってるのはタムのほう。最初は完全フリーズ硬直状態だったのが、最近やっと慣れてきたよう。顔を近付けチュッチュしたり。

Img_4324

お誘いに応えてもらった嬉しさからか、ご満悦の表情でコロコロひとりで転げまわって、更にタムを誘うのであります。

動物って長く過ごしていけば行くほどに色んな仕草や行動を見せて表現力も豊かになって本当に可愛い。これからもっともっと仲良くなって私達家族を和ませておくれよ。


サンセットカラー

天気のいい日、夕方散歩をしているときに眺める空の色がとっても好きで、どうにかその色で素敵な作品を作れないものかとずっと暖めてきたイメージがやっと作品になりました。

夕焼けの赤と日暮れの青い空がグラデーションになったサンセットカラーのピアスとブレスレットです。

Img_4302

Img_4288 パーツが余れば自分用にも作りたいほど気に入っているこの作品、濃いブルーはサファイヤ、私の誕生石でもあります。ちょっとオリエンタルな雰囲気も醸し出していて、ナチュラル系なファッションとかにも合いそうな感じです。

ここのところノンストップで作品作りとサイト更新を続けてきたのでちょっと疲れもたまっているよう。まだまだ掲載したい作品あるのですが、今週末から怒涛の通院WEEKになるので体力温存するために少しペースを緩めます。
寒暖の差が激しい日々が続いてますので、皆様もお身体大事にしてくださいね^^

2010年3月 4日 (木)

新作&一部商品SALEのお知らせ

ここ数日制作している新作のパーツを合金のメッキパーツからシルバー925ゴールドフィルドに変更しています。それに伴いサイトのカテゴリーの変更を致しました。昨日まで「Jewel quality」カテゴリーに属していた商品のSALEを3月末まで開催しています。合金メッキではありますが繊細な作りのアクセサリーが20%~40%OFFとお値打ち価格です。再値下げ商品もありますのでこの機会にお見逃しなく^^

今のところ、大振りなアクセサリーの制作と通常の天然石を使用した作品の場合は今まで通り合金メッキ製品を使用し制作していこうと考えております。シルバーやゴールドフィルドを全作品に使用すると、パーツ代が合金メッキ製品に比べ高価なので作品自体の値段が跳ね上がってしまうこともありまして、バランスを考えて制作していくつもりです。

その他の石質が良いストーン(天然石ビーズの中でもプレシャスストーンと呼ばれる宝石質に近いもの)や繊細な作品は出来るだけ長くお使いいただきたいと思い、アレルギー反応が出来るだけ少なく、メッキが剥がれにくく質感の良いものを使い、作品のグレードを上げていきたいと考えています。そして出来るだけ『リーズナブルに良いもの』をコンセプトに今後も素敵な作品を作り続けていけたら良いなぁと思ってます。

さて、今日の新作を2点ご紹介します。

まずは昨日のブラックスピネルのネックレスに合わせて掲載したパールのシンプルネックレスです。ワイヤーやテグスをただ通しただけの作りとは違い、オールノットという一粒一粒石の間に結び目を作って留めていく高級パールにも使われる技法です。
しなやかでしっかりした作りなので、万が一糸が切れてしまってもバラバラにならないのです。
使用したパールはポテトと言う形で綺麗なラウンド型ではないのですが、そこに味わいがあって私はとても好きです。自分用にとってあったビーズを使って作ってみました。艶もありキズも少ない良質のパールです。

Img_4185

Img_42641

続いて、鮮やかな夏の空の色を思わせるアリゾナ産スリーピングビューティーと名のつく、ターコイズの中では最高級のストーンを使ったロングネックレスです。

Img_4267

Img_4258

とにかく綺麗な水色で、見ていると優しい気持ちになれます。ターコイズは産地によっても色や質が全く異なり金額もピンきり。安いものはハウライトと言う白いストーンに染色を施したり、染色した石を砕いたものを練って成型したりと様々です。とっておきのターコイズを使ったのであわせるストーンも品質の良いものにしました。優しいペールブルーが綺麗なシーブルーカルセドニーやカットの綺麗なクリスタル、うっすらブルーの光が見えるロイヤルブルームーンストーンなどです。長さは85cmと長めですがストーンが小さいので、他のペンダントと重ね付けして頂いても重苦しくなりません。チェーンも含め全てシルバー925で作っています。
Tシャツにジーンズなどラフなスタイルをワンランク上質に魅せる大人のターコイズネックレスです。

同じ青という色でも沢山の色やトーンがあって、石となると質感も様々で見ているだけでも面白いのです。また違う『青』の作品をご紹介できればと思っています^^

2010年3月 3日 (水)

新作できました。

ひな祭りの本日、我家でも桜もち食べました。
今日は暖かくて過ごしやすかったですね~。

毎年、ひな祭りの日を境にピークを迎える花粉症。今年は1月から薬を飲んでいることもあって急激な悪化はないものの、目がひたすらかゆく重くなってきました。
昨夜新作を作っていたら、疲れ目と痒みと前髪の毛先がまぶたに刺さる三重苦で「もういやー」となってしまった私、いきなりハサミを取り出しジャキジャキと前髪切ってしまったのでした。自分で切るとヘンチクリンになってしまうからダメと言われているのにも関わらず…
今朝起きて鏡を見てみたら案の定、と言うより、予想以上に短く切ってしまい昔で言うところの「マユゼン」状態;つんつるてんのちびまるこちゃんになってしまったのでした。トホホ…

そんなこんなですが、新作続々出来ております。
先月、石の仕入れを少ししてあったものの、パーツが揃わず制作が頓挫していたこともあって今勢いにのっています。(先週アクセサリーパーツのメッカ浅草橋まで行ってきたのです^^)しかしながら、作るのより更新の時間がかかるため、今日の新作は6点UP。

先月から閲覧できなくなっていた携帯サイトの画像もやっと正常にバージョンアップが終わり、1作品につき4画像まで掲載できるようになりました。皆様には大変ご不便お掛けしましたが、PCサイト同様、携帯サイトも宜しくお願いいたします。

Img_42151まずはシックなブラックスピネルのネックレス&ピアスからご紹介。

Img_4168

単品でもお楽しみいただけますが、このようなレイヤードスタイルも出来るようなデザインにしました。台形型のスピネルはカットも珍しくシャープな輝きで特におススメです(1点ものです)小さなベビーパールを使っているので柔らかい雰囲気も醸し出してます。

Img_41712

単品で普段使い、パールのネックレスと合わせてセレモニーにと便利に使えるネックレスです。

Img_4133 ピアスは華やかな雰囲気ですがフープ内径19mmと小さめなので意外に邪魔にならないサイズ。

続いてはシラーが幻想的な透明感のあるレインボームーンストーンのセット。
個人的にラブラドライトが大好きで同じ成分で出来ている(鉱物学上)ムーンストーンも大好きなのです。今回はホワイトラブラドライトと呼ばれるミルキーホワイトに虹色のレッセンスが見られるレインボームーンストーン。これからの季節にぴったりな軽やかな作品に仕上がりました。Img_4247

ブレスレットはカラフルに沢山の色のストーンを使いましたが、華奢な作りとトーンが揃った色使いなので、とても繊細で綺麗です。シンプルな時計やブレスレットとの重ね付けがおススメです。

Img_42373

ネックレスは45cmでお作りしてますが、チョーカー風に短いものをご希望の場合はチェーン部分のカットも致しますのでお気軽にお問合せください。他の作品でもカットできるもの多数ございます。逆に長くしたい場合はアジャスターを別途お付けすることも可能です。

Img_4191
光の加減によってこんなに美しいブルーの光を放つレインボームーンストーン、小粒ですが存在感大です。

Img_42232

只今このほかに、ホワイトムーンストーンのピアスやサンセットカラーのピアス&ブレスレット、鮮やかなシーブルーのブレスレット&ピアスなどを制作中です。

これから薄着になって腕を出す季節がやってきます。繊細なブレスレットに重ね付けできるシンプルなブレスレットも制作予定ですのでお楽しみに。

2010年3月 1日 (月)

新作UPしました。

早いもので3月です。ひな祭りです。もう何年出してないだろう、雛人形…。

さて、本日久方ぶりに新作5点UPしました。
初のゴールドフィルドパーツを使った繊細なアクセサリーたちです。
宝石箱をひっくり返したようなキラキラ華やかで瑞々しい作品をご紹介します。

UPした作品はこちら
Img_4024
Img_4035先日のブログで「ミモザ」をイメージしたネックレスが完成。トップのストーンは1点ものなので同じ石はなかったのですが、少し深い黄色のハニークオーツを使ったフープピアスをお揃いの雰囲気で作りました。ブーケのようなフォルムが可愛くてお気に入りです。

Img_4061 続いてダークチェリーのような深い赤(ピンク)が鮮やかな大人可愛いネックレス&ピアス&ブレスレットの3点セット。
甘くなりがちなピンクに引き締めカラーのブラックスピネルやガーネットを取り入れたことで大人っぽい印象に。
Img_40431 実際につけてみると肌馴染みがよいので派手にならないのです。華奢な感じなので重ね付けも可能。ピアスはあえてアシンメトリーにしました。
Img_40732 お出掛けシーンでもお仕事用のシャツなどにも合ってしまうネックレスは特におススメです。Img_39922 この他にも入卒シーンなどでも活躍しそうなパール×ブラックのピアスやネックレス、瑞々しいカラフルなブレスレット&ピアスなども近日ご紹介予定です。

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31