« 小さな命との出逢い① | トップページ | 小さな命との出逢い 最終章 »

2010年1月29日 (金)

小さな命との出逢い②

小さなメジロを保護したのは夕方の五時半頃。

とりあえずその夜は看病し翌日の様子次第で、その先のことを決めようと思った。

リロを病院に連れていく時用の小さいケージにタムのオシッコシートを敷き、水とパンを入れて(鳩と間違えてる!?)庭にいるメジロ達がよく止まっている金木犀の枝を父が数本切り、その枝に小鳥を止まらせそっと扉を閉めた。

Img_36171
そして、リロに見つからないうちに私の作業部屋へケージを運び暖房を入れ部屋を暖める。その先の事は全く未知なる分野。パソコンを開き、「メジロ、保護…」等ヒントになりそうなキーワードをひたすら検索。

どうやらメジロは甘い果実(みかん等)が好きなようだ。パンを取り出しみかんとリンゴをケージに入れた。しかし一向に食べる様子もなく、丸々と体を膨らませ震えている。検索と同時に動物好きの友人に連絡を取り、事態を説明すると「とにかく暖めて、スポイトのようなモノで練り餌を口元まで持っていって食べさせないと死んじゃうよ」と言われた。

人間の夕飯もそこそこにペットショップまで慌てて走り、メジロ用の練り餌とスポイトを買って帰ってきた。
餌を作り、食べさせようにも口を開かない。普段接しているのは巨大なゴールデンレトリバーとそれなりの大きさの猫。小鳥に触れる力加減もわからない。

ネットで調べ始めて数時間、やっと野鳥を保護した時の応急措置の仕方について詳しく説明してあるサイトをみつけた。

丸々しているのは寒いから。慌てて暖房の他にアクセサリーの撮影時に使用するライトをケージ当て、ホットカーペットを弱にして敷き、ケージにフリースの毛布を掛けた。
成鳥の場合はヒナと違い無理矢理口の中に餌を入れると内蔵に負担がかかるらしい。柑橘類や人肌位に温めた練り餌をくちばしにつけると自ら食べ始めると記載されていた。

室温が高くなり体が暖まった小鳥は少し動き出すように^^
あとは餌を食べてくれれば一安心なのだけど…。小枝の上をチョンチョンと歩きまわり、餌をくちばしにつけようにもちょこまかとケージ内を逃げ回る。ほんの少しでも食べてくれないと体力ばかり消耗してしまう。これは捕まえて食べさせるしかない!とケージを開けた瞬間

小鳥は一目散に逃げた。飛べない小鳥はひたすら走る!

ショック状態から復活し、我に返ったメジロは小さな鳥カゴ(正しくは猫カゴ)に閉じ込められたことを理解したらしく、必死の脱走劇。
部屋中を逃げ回る。見失わないように、踏まないように、追いかける私も必死。
脂汗を流しながら、やっと捕まえた。
Pichan
「元気だけど、この状態じゃ外には出してあげられないよ。もう少し我慢してね。ピーちゃん。」と勝手に呼び名も決め、スポイトで餌をくちばしへ。でも体が固まって食べようとしない。もう一度ケージに入れ暫く様子を見ていると、口をもぐもぐ動かし、やっと食べ始めた!
逃げられては捕まえ…を繰り返すこと3回。30分かけてスポイト3滴分の餌を食べてくれた。これで一安心。時計を見たらもう時既に11時。
私はヘトヘト。

その後も観察していると、糞を沢山しながら小枝の上を動いている。排泄もちゃんとしてるし、多分今夜は大丈夫。

しかし元気になったらなったで、また心配事が増えてきた。
いつ自然に返せばいいの?羽はどのくらいで治るの?どこの病院に連れていけばいいの?…。
本来は群れで暮らし身を寄せ合いながら仲良く生きるメジロ。小さなかごの中で一生を終えることがこの子にとって幸せなのだろうか?たかだか1羽のメジロ。でも昨日の運命的な出逢いに心を激しく揺さぶられてしまった私はひとつの命のことを真剣に色々と考えてしまった。
長期的に保護するには東京都への申請もいる。更にネットを調べ、環境局のページに辿り着いた。県によっても対応が違うようで、飛べるようになるまでボランティアとして保護を続ける場合もあるらしい。近所で野鳥を診てくれる動物病院も探した。

自然に戻す最善の方法を見つける事が連れてきた私の責任。連絡先を控え、翌日の朝一で連絡してみようと決めた。

最終章へ続く

« 小さな命との出逢い① | トップページ | 小さな命との出逢い 最終章 »

動物の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518521/47412986

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな命との出逢い②:

« 小さな命との出逢い① | トップページ | 小さな命との出逢い 最終章 »

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31