« 祖母無事帰る。 | トップページ | パソコンと格闘してます。 »

2009年11月13日 (金)

作って食べられる幸せ

どうやらワタクシ、祖母が帰り、一気にドッと疲れが出てしまったよう。
たった1週間の介護生活だったけれど、精神&肉体を酷使する休みなしの介護は予想以上に身体に堪えた。頭痛がピークに達し、例えて言うなら『神経まで達してしまった大きな虫歯が頭の中に出来てしまったようなズキズキ、ガンガンした痛み』。発作止めの薬も飲むタイミングが悪かったのか全く効かず、身体がだるく重くなっただけ。更に初めて体験した髪の毛をむしり掴まれたような皮膚の表面までチクチクとした痛みも。頭を半分に切って捨ててしまいたいような衝動に駆られるほど痛みに絶えるのが辛かった。併せて全身筋肉痛になってしまったように体中が強張り、起き上がっていることも辛い。いつもなら救世主となる自宅アロママッサージも芳香浴も全く効果を出さず、酷い揉み返しが来てしまった。
祖母が帰った後も病院の付き添い、自分の通院が3つもあったので、なかなか身体をゆっくり休めることが出来なかったのも原因のひとつ。

祖母が帰ったらすぐに再開しようと思っていたHP作りもアクセサリー作りも思うように捗らず、気持ち的に若干焦り気味。この数年切っ掛けは様々ではあるものの、身体が思うように動かず精神的にも気力を失い、身動きとれなくなってしまった経験が何度かあるだけに『またあの時と同じ状態に戻ってしまうのでは…』と言う漠然とした大きい不安がいつも頭の中もよぎる。考えすぎはよくないとわかっていても身体が思うように動かないと余計に考える時間が増えてしまって、あ~悪循環。

頭痛専門の外来では『今の頭痛はずっと続くこともあるので痛みを出さないようにしないとまずいよ。」と言われ、より不安になっちまった。痛みを抑えるためと言ってやたらと増えたり変ったりする処方薬にも疑問を感じたり。薬の副作用が出がちな私にとって新しい薬を飲む事は結構リスキー。辛い症状は抑えられても、副作用と言う違った形の症状で苦しめられたこともしばしば。最近は新しい薬を貰う前に薬の名前を聞いて専門書などで薬の効能と副作用をしっかり下調べし、一番長くお世話になっているドクターに飲み合わせや私の体質にあっているかなどの質問と相談をしてから薬を変えるようになった。
昨日、その相談をしてきたのだが、私にとって今、薬を変える事は勧められない。と現状維持のまま。「肉体的な辛さがあってもこれは一過性のもの。と割り切って休養すべし」と言われ少しホッとして帰ってきた。遠くて待ち時間の長い大学病院はとても苦手だけど、診察内容や処方箋など、科をまたいでも閲覧できるカルテは便利。

ここ数日は夜の10時には就寝。しっかり睡眠をとって疲れを溜めないように心がけている。生活の基本は絶対に睡眠と食生活。普段から三食キチンと食べ、突発的な事がなければ8時間しっかり睡眠をとるようにしているが、疲れている時はよりしっかりと生活を立て直す。規則正しい生活とバランスの取れた食べ物は生きる源。

今日は夕方から雨の予報だったので、早目にタムの散歩に出かけた。ここ数日通院が続き父に任せていたので久し振りの散歩、タムも嬉しそう。幸い途中で雨に降られることもなかった。帰りにスーパーに寄り、夕飯の食材をついでに買ってきた。買ったのはカブと鳥のモモ肉。
1週間ほど前、私が弟に「今度、カブのクリームシチューを作ろうかと思う。」と言ったことをしっかり覚えていたらしく(私はすっかり忘れていた;)昨夜催促されてしまった。
この2.3日手抜き料理が続いていたので、「いっちょ頑張ってみますか!」と気合を入れて夕飯作りに取り掛かる。
最近、我家ではカブブーム。葉っぱは炒め物やお浸し。茎はお漬物。本体も味噌汁、お漬物と捨てる部分なし。生でも美味しくいただける甘くて柔らかいカブに再注目。和食で使うことが多いカブを洋風に使ってみたかったのだ。

カブのシチューは玉葱・人参・カブ・鳥のモモ肉を使って。カブはアク抜きし下茹でした状態で取り出しておく。玉葱・人参・鶏肉をバターで炒め、ブイヨンと水で煮込む。その後牛乳を入れコトコトと。市販のシチューのルーを少し入れ、塩、胡椒、白ワインで味を調整し、最後に生クリームを。茹でたカブを入れ5分ほど煮込んで終了。

カブが余ったのでサラダを作る事に。茎部分と実の部分をスライスし、玉葱ときゅうりも薄切りに。玉葱とカブは水にさらしアク抜き&辛味抜き。水切りをし、全ての材料に軽く塩をふって塩もみ。水分をよく切ってから、ドレッシングをあえて(今回は中華風ドレッシング)冷蔵庫へ。食べる直前に炒ったゴマをかけて完成。

Img_2829
煮込み料理は食べる数時間前完成させておくのが我家のセオリー。食べる頃には具材に味が染み込んで薄味ながらもしっかりした味のシチューが出来上がった。特に冷え込んだ今夜、あつあつシチューで身体の芯から暖まった。

食べたいものを作って食べる。これって何よりも幸せ。またちょっと食べ過ぎてしまったかな…と思ったりもするけど、何も出来なくなるよりはよっぽど良い。美味しくご飯を作り食べられたことで少し私の元気も戻ってきたよう。色々な痛みも気になりますが、こういう時こそ焦らずひとつずつ。明日はパソコンに向かってHP作りの続きを頑張ってみるかな。

« 祖母無事帰る。 | トップページ | パソコンと格闘してます。 »

料理の事」カテゴリの記事

日常の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518521/46753454

この記事へのトラックバック一覧です: 作って食べられる幸せ:

« 祖母無事帰る。 | トップページ | パソコンと格闘してます。 »

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31