« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

猫をみて想うこと

昨日、朝両親の部屋の窓を開けると、猫の鳴き声。
ノンちゃんが私の気配に気付き近付いてきた。左目が潰れ、白目が腫れ涙が溢れている。恐らく、どこかの猫と喧嘩したのであろう。昨日の夜まで食欲旺盛、元気はつらつだったのだから病気の類ではなさそう。猫パンチをくらい、爪でやられた、そんな感じ。

ここ最近、小さなアクシデントが続き、ちょっと疲れていた。
特に今朝の目覚めが悪く、起きぬけに元気を貰おうとノンちゃんに会いに行ったら、更なる心配が増えてしまった。
あまりに痛々しいので、病院につれて行くか行かまいか悩み、家族に相談したけれど、「あなた(私)とタムとリロ抱えて余裕なんて無い!」と一喝されてしまった。
そりゃそうだ。現在諸々の病気を治療中でもあり経済力がない私。ささやかな年金暮らしの両親の生活を圧迫しているパラサイト。しかも堅実に外でのお勤めをして欲しい両親の反対を押し切り、やっとこアクセサリー作り本格始動の許可を貰ったばかり。元恋人Mさんとの「もしかしたら復活?!」についても大反対で数日前、大バトルを繰り広げた矢先。今現在とても分が悪い…。

私の推測だとこのノンちゃん、昼間はお勤めなどで留守にするどこかのお宅で可愛がってもらっているのであろう。家に寄り付くのは昼間の時間帯が多く、夜中はどこか別のねぐらを持っている様子。以前も喧嘩して大怪我していた時、綺麗に毛が刈られ薬が塗られてあった。もしかしたら、ノンちゃんの異変に気付き治療してくれるかもしれない。外猫の自己治癒能力で怪我を自分で克服するかもしれない。そんな期待を抱きつつ、目の汚れを拭い、餌をあげ、15分ほど寄り添いながら悪い病気でないこと、きっと治るであろうと祈っていた。そんな気持ちを察したのかどうか・・・?ノンちゃんは痛々しい目のまま大きな背伸びをし、どこかに消えていった。

その日の夜お隣のうちの奥さんと立ち話。
お隣の飼い猫モモちゃんも最近食欲がなく、元気が無いらしい。
猫を3匹飼っているお隣さん。一日3缶の猫缶を食べ、我が家には煮干や食パンなどをこっそり盗みにくるくらい、一番元気な食欲旺盛猫、モモちゃん。

Img_1489
鼻の下に黒ひげ模様、ちょっと怖そうにも見えるけど、実は心優しい女の子。
喧嘩も弱く、いつも尻尾を怪我してかえってくる。リロともノンちゃんとも仲良しでいつも側にいる。但し犬には強い。タムはモモちゃんが好きでいつも挨拶に行くのだけれど、必ず激しい猫パンチをくらい尻尾を丸めて退散してくる。
そんなモモちゃん、今朝はタムが近寄っても攻撃すらしない。おとなしく身体を丸め、私が近付くと身体を摺り寄せる。今までは近付くと逃げていたのに。以前に比べひと周りほど身体も小さくなった。
病院での検査では数値的に少し腎臓の数値が高かったくらいで特に問題は無かったらしい。何か怖いことでもあったかな?リロも事故にあってからは数週間おとなしくげっそり痩せた。

ノンちゃんに次いでモモちゃん、普段活発な子達の元気がないと私の気持ちもちょっと落ち込む。

ついさっき猫達の様子が心配で庭に出てみたら、いつの間にかリロ、ノンちゃん、モモちゃんが私の周りに集まっていた。私も含め、弱い者同士身を寄せ合いながら慰め合ってるそんな感じに思えたけれど、よく見たらノンちゃんの目パッチリ開いてる。目ヤニも出ていない。あー良かった。悪化しなかった。冬に向けて脂肪を蓄えるので猫はこの位の時期から春までは太る傾向にあるけれど、ノンちゃんに関しては特に大きく丸々太ってきた。リロの3倍くらい餌を食べる。今日も沢山食べていた。

外猫はたくましい。私も少し見習わなければ。

2009年10月28日 (水)

久々の大掃除

今日は朝から大掃除。
と言うのも、今週末から今年100歳になる祖母が家に10日程泊まりにくるのだ。

要介護の祖母が来るとなると家の中は、寝泊りする場所を移動しなければならない仕組みになっている。
今私が夜寝ているのは、昔客間→現在タムのハウスにもなっている1階の和室。
同じ階に両親の寝室があり、2階に私の本来の部屋(現在作業部屋)と弟の部屋がある。

足腰が弱ってしまっている祖母は階段の上り下りが出来ない。勿論お手洗いなども一人ではいけない。なので、両親の部屋で祖母が生活し、母が祖母の面倒をみる事になる(特に夜)。祖母は身体は弱っているものの意識はしっかりしているので、着替えなどを男性の父や弟に見られるのはまだまだ抵抗がある乙女な100歳(笑)祖母が来ている間は父親がタム部屋に移動し、私は2階の自室に戻る事になる。

最近は以前に比べ部屋の散らかり具合が収まってきたようにも思っている(つもり;)でもまだ夏物と冬物の衣類の入れ替えも終わらぬまま、パソコン関連の資料やアクセサリーの材料がいろいろ混在している。あ~やっぱり散らかってる。
祖母が来る直前になって慌てる前にまずは自分の部屋の中から片付けを開始。
冬用の布団を出し、夏物を片付けながらクリーニングと自分で洗濯に仕分け、アクセサリーの材料も一先ずしまうべき場所に納め、机の上を整理。ついでに石油ストーブも出し石油も入れ、寒く凍えそうな夜に備え準備万端。どうせまた散らかるしなぁと思いつつも何となく片付いた。

我が家は築35年の古い木造一軒家。バリアフリーにもなっておらず、トイレも1階は和式なので(両親が和式好き)祖母が来る度に、父と2人で小規模のリフォームをする。
簡易トイレを設置し、タムが不用意に祖母に飛び掛らないよう、部屋に鍵付きの扉をつける。車椅子は使えないので祖母を私が抱きかかえトイレやお風呂場まで運ぶか、膝に大きなパッドを付けハイハイで移動する事になるので、フローリングの床にカーペットを貼る…などなど。
日中外出したけれど、今日1日で何となく形が付いた。
後は細かい介護用品や祖母が食べられる食材などの買物に行けば大体準備OK。

父と相談の結果、30日に寝室の移動をする事に決めた。
なんだか父は嬉しそう。その理由はタムと久々に一緒に寝れるから。
父の事を一番信頼しているタムの事を父もとても可愛がってくれている。特に寒い時期はわざと布団に潜り込もうとする仕草がとても可愛い。私も今実感しているだけに父がワクワクする気持ちもよーく分かる。
私は久し振りの一人寝がちょっと寂しい気もするが、夜になると『遊んで~』と騒ぐタムを父に任せられるので少し時間の余裕が出来るかな?と思ったり。

祖母が来ると爪を切ったり、お風呂に入れたり、髪を切ったりは私の役目。
最初は孫に面倒かけるなんて…と抵抗していた祖母だったが、最近はちょっと嬉しそう。

実際の所介護はとても重労働。耳が殆ど聞こえず、なかなか成立しない会話(解釈できないことも多い)を続ける事も結構根気もいる。同じ話を何十篇もしなきゃぁならないし。でもそこに祖母の笑顔があると私は救われるのだ。

前回は一緒に沢山の写真を撮った。「死んだ時には必ず棺おけに入れて欲しい」と遺言まで授かったほど祖母にとってとても嬉しかったようだ。祖母のためにと食事のレパートリーも増やした。昔に比べ食は細くなったが、美味しそうに食べてくれる姿を見るのは私自身とても嬉しい。今は季節も良いので、父の車で軽いドライブも計画中。
少しでも気分転換してくれればいいなぁと思いながら。

私もばてないように頑張らなくては!

2009年10月26日 (月)

食欲の秋、第2弾

先日、このブログ上でHP(ネットショップ)開業宣言をし、PC、IT初心者のワタクシ、地道に開設準備に取り掛かり始めた。
ネットショップやHPをプロに外注すると数十万の初期投資が必要だったりするもので、PCソフトを使って自作で取り組み始めたものの(実は去年から構想はありネットショップ用のパソコンソフトは既に持っていたのですが)ソフトをインストールをし、サポートページに移った画面を見てみると…
なんと!「このサービスは今年度を持って終了させていただきます。長らくご愛顧ありがとうございました。尚、このサービスの継続利用は出来ません・・・・・・・・」とのメッセージ。
「ご愛顧どころかこれから使うんだよこっちは(怒)購入して半年以上経ってるけれど、パッケージは紛れも無く2008年最新版、今年はまだ2009年ジャン」と画面相手に突っ込みいれつつ、あと半年以内のサービスじゃ、せっかく作ったところでハイおしまい。って事になってしまう。作戦変更しなければ。コスト的にも操作的にもサービス提供会社が安定している点も考慮に入れた上で、使い勝手良さそうなソフトを探し、只今到着を待っているところ。

てな訳でちょっと頓挫してしまった訳ですが、今どうにもならない事をウダウダ考えても仕方ない。仕切りなおしで別の事やろう!と思い直してみたものの、気温も急に下がり、夜中から降り続ける冷たい雨と暗い空。洗濯する気にもならず、掃除に力も入らず、んーやる気出ない。

やっぱり食べるに限るでしょ。とお昼ご飯作り。
どうしても暖かいものが食べたくて作ったのはお雑煮。寒い季節の我家のランチは『雑炊』『お雑煮』『お粥』『おでん』『うどん』のローテーションが異常に増える。
三食毎回しっかり作るのは結構大変なので、いつもお昼は手軽に。冬時期は昆布&かつおだしを2Lのペットボトルに作り置きし、具を変えて毎日のように食すのだ。味付けを味噌とか白だし、醤油、麺つゆと変えれば結構飽きない。

それに昨日上がったばかりの『アオリイカ』の刺身つき。雑煮に刺身、バランス的には如何なものかと思いつつ、そこは余り気にしない両親と私。
昨日捌いた身を細く切って紫蘇をそえて完成。

Img_2814

昨日、捌いた時点で試食したときは、ナタデココのようにサクっとした食感。釣れたてならではの『サク&コリ』を楽しめた。醤油をつけなくても味が濃く、噛むほどに味わいが。
私は個人的にイカと白身魚に関しては、釣りたてより旨みが行き渡る釣って翌日以降の味が好み。アミノ酸が旨みに変ったタイミングで食べるのが好きなのである。
サクッとした食感にネバリとトロミが加わり、味に甘味が増す。ツルッとした口当たりと歯応え、甘さと旨みのバランスは絶妙。昨夜捌きながらイカ墨取り除くべく、水で結構流してしまったので、少し白っぽさは出てしまったけど、味的には最高でした。
Mさん、たまには自分で釣った魚、自分で捌いて食べればいいのに…と思いながらも身のほうはあっという間に完食。ゲソとエンペラは夜の天ぷらで頂きます!


洋食和食なんでも美味い食欲の秋

今日、正確には昨日ですが、母が風邪をこじらせ寝込んでしまった。よって私が一日食事当番。昼は寒かったのでお粥を炊き、野菜とお肉の炒め物を手早く作ってあったかご飯。

問題は夜。うちご飯大好きな弟、よく食べるし、味とメニューのバランスに結構うるさかったりする。なので作る私も気合いれないと。元々パスタの予定だったので、テイスト合わせて明太子のクリームパスタとジャガイモとブロッコリーのグラタンを作る事に。

明太子のクリームは元々母がスーパーの広告で安かった時に思わず買ってしまったらしいレトルトもの。そのままでは味に深みがないので、白ワインと牛乳、塩・胡椒で味を調え、生の明太子を二腹贅沢に投入。仕上がったら、あさつきと紫蘇を細かく刻み、のりもふりかけ完成。
グラタンはジャガイモをゆで、いちょう切り。そこに茹でたブロッコリーをのせ塩胡椒。ホワイトソースを掛け、ソーセージを薄切りにしたものを散らし、とろけるチーズとモッツァレラをを山盛りかけてオーブンで15分。本当はサラダにしようと思っていたのだけど、寒いし身体暖めメニューに急遽変更

Img_2803
お口直しのデザートは今が旬のオケサ柿と梨。これから柿は、次郎柿、富有柿、アンポ柿など色々種類が出てくる。母は主食を柿にしてもいいくらいの柿好きなので、家には必ず常備。
弟と私のご飯が終わるとすぐさま父と母の料理に取り掛かる。
父の血糖値は最近上昇傾向。昔は食わず嫌いだった洋食系メニューも最近は私が作ると結構食べてくれる。食べてくれるのは嬉しいけど、血糖値上がっちゃ元も子もない。なので父のご飯は味噌汁、納豆、厚揚げの大根おろし醤油掛け、ブロッコリーとトマトのサラダ
とシンプルメニュー。手の込んだものは無いけど2回立て続けはちょっとヘビーだった。
でも、皆美味しく食べられたから○

その後は冷蔵庫の整理やセールで買った大量のタム用の鶏肉を150gと50gに小分けし冷凍庫へ。その後明日の早朝のタムのご飯作り。久し振りに3時間以上立て続けで台所たってたら、寒くて背中と腰が張ってきた。本当、今日はしんしん寒いのう~

全て片付け終わり、携帯みたら、Mさんより電話が。
『アオリイカ』釣れたから持って行くとの知らせ。
一回の釣りで1ハイ釣れたら上々、2ハイ3バイは奇跡に近いくらいなかなか上がらないアオリイカ。釣れる数が少ないので、スーパーなどに卸されることは無く、殆どは料亭かお寿司屋さん行きの高級魚。一杯でもせっかくなのでちゃんと食さなきゃ、イカが成仏できないし!と我家でいただく事に。

透明感が美しい「はず」のアオリちゃん、船上での絞め方が悪かったのであろう墨袋が既に破裂。(Mさん、これはちょっと失敗ですぞよ!)本当ならもっと綺麗な美しいイカちゃんお見せ出来るはずだったのですが

Img_2804
ちょっと墨まみれ;アオリイカの墨は強力で、手もまな板もイカ自体も真っ黒。本当は水洗いあまりすると味が落ちるのだけど、この状態じゃ仕方ねぇ。と洗い流しながら綺麗にさばきました。
アミノ酸豊富のアオリイカ、旨みが廻るのは明日あたり。甘味がでた所でお刺身明日頂きま~す。

2009年10月25日 (日)

恋する猫は止められない!?

久々のシトシト雨。
一気に冬の訪れが迫ってきた…そんな冷たい雨。
ようやく雨が上がり、少し日が差してきたかな?

こんな雨の日曜日、近所のスーパーの買出し以外は家族全員用事もなく、のんびりインドアで。

ところで、最近日増しに甘えん坊になる野良猫ノンちゃん。
父が作った臨時ハウスがお気に入りで今日は一日お昼寝中のよう。
見た目は非常に良くないガムテープだらけのハウスだけど(先日のブログでリロが入っていた)、実は箱全体が7cm位のウレタンマットで出来ている。私の先代マットレスを捨てずにとっておいた父が箱型になるように切って繋げたもの。床になる部分は二重構造で更にタムのお下がり大判タオルを敷き詰めてある。だから中はポカポカ快適なのだ。ハウス自体も雨風がしのげる場所に設置してあるので、雪や台風の日でも大丈夫。
去年の冬も元気に越えてきたたくましいノンちゃんだけど、猫にとっても人間にとっても寒さは毎年きついからね。今年はここで寒い夜を越えるのだよ。と話しかけたり。

最初は警戒心一杯だったノンちゃんだが、数日前から家族全員に撫ぜさせるようになり、昨日からは遂に私にお腹を出した。
動物はよっぽど安心感がないとお腹は出さない。
いくら人馴れしてても、やっぱり野良は野良。そこまで無防備になるにはもう少し時間かかると思っていたけど…寒かったせいか今日は抱っこまでさせた。膝にのって数分間じっとうっとりしていた。

私は犬や猫に結構話しかける。うちのリロとタムに接するように縁側にいるノンちゃんに話しかけながら撫でると、身体に振動が伝わるくらい「ぐるぐる~ゴロゴロ~」と喉を鳴らす。
この子は可愛がってくれる人間の愛情が欲しい猫なのだ。

どんなに懐いてもきっとこの子は家猫には出来ない。行動範囲も広い活動的な猫。でも色んな場所を放浪しながらもこの愛らしさで色んな人に可愛がって貰えよ。と強く願う。

Non
このノンちゃん、うちのリロの事がちょっと好きらしい。
リロが庭に出ていると鈴の音を聞きつけ、すかさず何処かから「こんにちは」とやってくる。
リロもノンちゃんの事が気になって仕方ない様子。平和主義のリロなので自分の縄張りである家の中に他の猫が侵入しようが何もしない。ヤキモチ焼いて喧嘩って姿を見たことがないのだ。それだけ家族に愛され自分の居場所に安心感があるって事なんだろうけど。だからうまーく距離を保ちながら見守っている。

そのリロが最近、ノンちゃんと一緒に旅に出るようになった。
『ちょっと悪がき男子(ノンちゃん)に声かけられて、世間知らずの箱入り娘(リロ)はしばらく無視していたものの、だんだん気になってきて…なかなか外には出して貰えないから、親(飼い主)の目を盗んで一緒に遊びにいくようになっちゃった。だって楽しいんだもん♪ノンちゃんは悪い子じゃないのよ』みたいな感じだろうか(笑)

怪我もなく、事故もなく元気で帰ってくれば一安心なのだけど、結構長い時間いなくなるので飼い主たちは気が気じゃない。帰ってくると怒られる前に部屋の隅っこで反省してるリロの姿見ると叱れないのよね。わかるわかる外の世界は刺激的だもん。

自分の若かりし恋する乙女時代を思い出したり。
恋する猫も止められないのよね。

2009年10月23日 (金)

ケーキ三昧。

昨日から我家の近くのママンラトーナで創業10周年の開店記念セールが始まった。
甘いモノ好きの我家の面々、新聞折り込み広告が気になって仕方ない。

朝一父が店の様子を見に行ったら、200人ほどの長蛇の列。
最近買物慣れしている父でもさすがに並ぶのは躊躇われたらしい。っていうか、せっかちなので待っていられないのが本音かな。
それでも気になって夕方のタムの散歩でもう一度レッツチャレンジ。
店の中は大賑わいだったけど、臨時応援スタッフも沢山いて、結構いい具合に店内回転していた。スタッフの方に
「広告に載っていたリンゴのデコレーションまだありますか?」と聞いてみたところ、
「ちょうどこちらで最後です。」とのお返事が。
どうして最後の一個に弱いのだろう、日本人。
昔、食品の販売の仕事をしていた時も「こちらが最後の1点です」と言うと、かなり高い購入率だった気がする。
商品によっては『残り物感』が出てしまうが、広告商品、限定商品の最後の一個はかなり強力。
もちろんワタクシも買って参りました~♪

リンゴのデコと半熟カステラ両方ゲット。

2009_10_22
最近、やたらと甘いモノ食べる機会多い私。
まぁ食欲の秋ですから仕方ないかな。えへ(笑)

2009年10月22日 (木)

リフレッシュ!そしてまず行動!

昨日は、疲労回復&イベントを無事終えられた自分へのご褒美としてブルームーンへ行ってきた。

今までは疲労回復や腰痛、肩こり、頭痛など身体的に辛い状態を緩和する事が目的でお邪魔することが多かったが、昨日はどちらかというと、人生相談に乗っていただいたような感じ。

先日のイベントに向けて挫けずに努力する事の楽しさ、そして作品作りに対しての想いが、日を重ねる毎に強く感じられた。ひとつの事をやり遂げることが、私にとって自信に繋がる大きな第一歩だったと、終えてみてより実感した。
まだまだ駆け出しではあるけれど、アクセサリーを作ると言う作業や作った作品を使ってくださった方の喜びの声を聞くことが何よりの幸せであり、今後も続けて行きたいことなのかもしれない。と強く感じてはいるものの、迷いや不安が沢山あってどう進むべきか、本当にこの道を選んで良いのか、立ち止まってしまう事も多々ある。
一言でいうと優柔不断なだけなのかもしれないけど・・・

そんな訳で、少し年上のたくましい姉御のようなKさんに今の自分の悩みや不安、今までの人生観などを打ち明けつつ、Kさんの考えや人生観を沢山伺うことが出来た。
ブルームーンでの濃ゆい時間はリラクゼーションと言うより、いいリフレッシュの場となった。

何かを始める時に行動より先に思考で立ち止まってしまう人は、私に限らず世の中に沢山いるらしい。今までの失敗やトラウマなど脳みその中に詰まっているネガティブな感情や経験が自分の行動を抑制し、自分を「駄目な人」「出来ない人」と決めつけてしまったり。その記憶が大きすぎると『不安や迷い』だけにとどまらず、『恐怖』に変り、何かをする事自体に怯えてしまう。
嫌なイメージが先に浮かんでしまったり怖いと思う事は『自動思考』と言って誰にでもあるもの。でもその先にいかにポジティブな考え方を見つけ出し行動するかによって、同じ恐怖が恐怖でなくなることもある。
不安で押し潰される前に、まずは行動を起こしてみること。それが行動療法。
私がカウンセリングで実施している療法なのだ。

まずは動き出してみること。焦らないこと。
それを最初の出発点として始めてみようと帰ってきて強く実感した。

そして、良いと思える作品を作りながら、自分のベースとなるホームページを立ち上げようと目下奮闘中。アクセサリーなどの装飾品は実際目でみて、触って、試着して初めて「コレ欲しい。」と思えることは少なくない。急に販路を広げることは出来ないけれど、後々は自分の作品を見てもらえるスペースがあれば尚よし。そんなイメージを膨らませながら、夢に向かって一歩ずつ歩きだそうと思っている。

現在、友人Yさんにホームページの顔となるデザイン画を依頼中。彼女は本業のアパレルの仕事をする前から、本の挿絵を描いたり、漫画を描いたり、絵を描くことが得意かつ大好き。短い期間ながらも私がアパレルの仕事をした時の10歳年下の先輩でもある。
仕事上では彼女にディスプレイの基本なども教えていただいた。そしていつの間にか仕事を超えての友人となった。閉店後の店内で食事も摂らずにどれだけ語り合ったことか…。お互いに、自分の手で何かを作り出す作業が好きという共通の趣味もあったので、より親密になったのだと思う。

パソコンが余り得意ではないので彼女のデザインを自分のホームページに上手く生かすことができるか??不安はありつつも、先ずは行動!やってみてから考えてみようと思った今日この頃。
HP始動の際にはこのブログ上で報告いたしますので、その際は是非ご覧下さいね。
そして宜しくお願いします♪

2009年10月19日 (月)

ありがとうございます^^

17日のイベントも無事終わってホッと一息。
昨日は元恋人、今友人?のMさんとブルームーンに行ってきた。
施術してもらうのは私ではなく、彼のほう。
ブルームーンはセラピストのKさんお一人でやっている、ゆったりした個室の完全予約制、女性専用のアロマテラピーサロン。
昨日のイベントに声をかけてくださったKさんの紹介で通い始め、すっかりはまってしまったサロンであることは以前のブログでも紹介した。

本来は女性専用のサロンであるので、男子禁制!しかし元もとの顧客(リピーター)の「同伴あり」と言う条件付きであれば施術していただける場合もあると言う。
一緒にサロンに来室し、施術してもらっている間は同伴している女性は本を読んだり、寛いだり、一緒にお喋りしたり…気ままに時を過ごしアフターティを一緒に頂いて帰ってくる。みたいな。
実は昨日で3回目の来店。男性専用のアロマサロンは非常に少ないだけに、興味があっても行く切っ掛けがないという方もいらっしゃると思う。Mさんもその一人。仕事で疲れた身体を癒し、固まったこりを解し、精神的にも肉体的にもリラックスできるアロマは女性だけじゃなく男性にも絶対に良いだろうと、セラピストKさんに相談した所、快くOK下さったので、一緒にお連れしたのだ。

施術前のカウンセリングでは「今日はそんなに辛くありません」と必ず言っているMさん。でもトリートメントが始まると「痛い!」の連続。そして前回は90分施術のうち、最初の5分で爆睡状態に陥ったMさん。大抵男性って強がりだから、「大丈夫、たいしたこと無い」と口では言ってても実はヘロヘロだったりするのよね。なんて内心思いながら(笑)
Kさんのトリートメントはリズミカルでスピーディーかつしなやか。その方のコンディションに合わせて強くも弱くも調整できるゴッドハンド。私の友人Yさんもブルームーンに行った時、このゴッドハンドに感激していた。優しい撫でるようなアロマトリートメントを極上のリラクゼーションと感じる方も少なくないと思うが、リンパの流れや筋肉のこりなどをしっかり流してくれる強めのアロマ私もMさんも大好きです。

昨日のイベントに向けて根詰める作業が1ヵ月半続いた。イベント自体も好評で、とても充実した時間を過ごすことができた。その分少し疲れも溜まっているよう。頑張った私へのご褒美に明後日、私もブルームーンKさんの所へトリートメントしにいって参ります。

そのKさん、お仕事を調整して17日のイベントにもきて下さった。
不安一杯だった準備期間中、メールで頂いた「自信持ってネ」の一言がどれほど心強かったことか。そしてサロン以外でお目にかかれた事も嬉しかった。6月にとある切っ掛けで初めてKさんにお会いした時は、やっと外出することが出来るようになったくらいの体調だった。作品作りも休止していて、あらゆる事に自信をなくしていた時期。そんなとき、少し年上のしっかりした姉さんのようであるKさんに出会えた。(紹介してくださったKさんありがとうございます)
トリートメントを受けながら色んな話を聞いていただいたり、話して下さったり。そこで彼女に似合うネックレスを…と思ってプレゼントしたのが作品作り再開の大きな切っ掛けとなった。好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、でも変なこだわりは少なく柔軟かつ鋭い観察眼を持っているKさんに作品を誉めていただけたことは今日にしっかり繋がっている。

10月7日がKさんのお誕生日だったので、イベント準備と平行して彼女にきっと似合うであろうちょっとボヘミアンテイストが入ったカジュアルなアクセサリーを作った。色の好みはブルーグリーン系。夏素材になりがちなシェルやターコイズを季節問わず使えるように、少しアンティークっぽい雰囲気を取り入れた作品。

Img_2716
トップにはシェルを張り合わせたウッドビーズ。ガラスビーズを結び、円形のパーツを通しバチカンに。ビーズの結び目にはオニキスとターコイズでアクセントを。チェーン部分に使ったストーンはターコイズ、スポンジサンゴ、ブラックシェル、ストライプオニキス、ネック部分は皮ひもを使って少しハードなテイストに。
ブルー、グリーン系はもちろん、グレーやブラウン、パープルなどにも合わせやすい意外に万能ネックレス。夏は白いTシャツにブルージーンズなど、シンプルコーディネートのアクセントにも。
すぐにプレゼントを開けてくださり、「とても気に入りましたぁ^^」と仰ってくださった。
彼女のブログにもイベントの展示風景やアクセサリーを載せてくださって、もう嬉しさ倍増。
Kさんのブログ一匹狼なアロマセラピストより愛をこめて、とても面白いのです。是非是非こちらもご愛読ください!

2009年10月18日 (日)

イベント無事終了!

昨日は、遂に花みずきの交流会&講演会当日。
曇り空ではあったけど、何とかお天気も持ちそうな陽気。
私はそのイベントに他の数人の方々と手作りの作品を紹介するという形で参加させていただきました。

一ヵ月半前からの準備。当初は携帯ストラップ等小さい小物のみの出品予定だったものが、アルバムの作成、小物に合わせたお揃いのネックレスなどを作っていくうちに次第に点数も増えていって…。作る作品が増えるにつれ私の静かなるパワーもどんどん放出され、作るごとに魂込められた充実した準備期間となりました。
 
いざ当日が近付くと「コレでよいのか」「まだ準備不足なのではないか」などと不安が増え、迷ったり悩んだり。どれくらいのスペースで展示するかもわからないぶっつけ本番だったけど、当日慌てないようにディスプレイの予行演習までしたくらい(笑)

Img_2757
100円ショップのガーデンコーナーで集めたディスプレイ用品を使って家で練習したのがこちら↑主力の(渾身の作品)をメインに飾り、その周りに同じテイストのストラップなどの小物を配してみました。
で、当日の写真は?と言うと…スタートしたとき夢中になって写真撮るの忘れてしまったのです;

しかし当日の作品の反応はとてもよく沢山の人たちが集まってくださいました。イベントに集まった方の年齢層は恐らく40代以降のミセス中心。洋服のアクセントにお使いになるということで華やかな色合いの大振りのネックレスがどんどん無くなっていった時は嬉しい悲鳴を上げそうでした。ピアスをイヤリングに替えるサービスをその場で行ったことも功を奏しネックレスとのセット購入にも繋がって、山ほどの荷物持って行った甲斐があったなぁと。プレゼント需要を見越して持っていったラッピンググッズもちゃんと活躍の場を与えられ前日の内職作業してよかったと改めて実感。

イベントの後半に慌てて写真をとった時にはこんなに商品スカスカに。この後もイベントを盛り立ててくださったスタッフの皆さんがお仕事後に駆け込んでくださって、準備した作品の半数は私の手元を巣立っていきました(笑)お買い求めくださった皆さんありがとうございました。
当日の会場画像です↓

Img_2795

私自身、体調を崩し、今年の冬から仕事を辞め家での家事中心にすごしてきました。家族をはじめ通院やカウンセリング、正直に語り合える友人知人に支えれられ、昨日のイベントに向けて意欲を向けることが出来たこと、この機会を与えてくださった花みずきの皆さん、Kさんに心から感謝しています。

一時は全てに自信を失った時期もありました。でも今まで百貨店での販売、管理の仕事、短い期間でしたがアパレルの仕事をしてきた経験も実は身体に染み付いていて、ちゃんと活かされている。と実感できたのも昨日のイベントの経験が出来たからこそ。
色々な方のお力添えがあって、無事に昨日のイベントを迎えることが出来たわけですが、今までの販売だけの仕事と違い、素材の仕入れ・デザイン・制作・演出・備品の用意を全て一人で行うことは初めての事。失敗も成功も全て自分に跳ね返ってくる厳しい作業です。初めての経験であったこともあり、迷いや不安も沢山ありながらも、『こんなチャンスは二度と来ないかもしれない。この機会を活かすも殺すも自分次第。出来る範囲の事は後悔しないように頑張ってみよう。』という信念をもって進めてきたことが、皆様の反響や購入に繋がって本当に嬉しく思っています。

そして私自身午後の講演会にも参加し、楽しく歯切れの良い琴桜さんの講談、笑いながら聞かせていただきました。男女の関係や介護のあり方など、私の身近にもある題材がテーマだったので、楽しい時間ながらも勉強になった90分です。

昨日のイベントに向けて色々準備をされてきたスタッフの皆様、ボランティアの皆様、おつかれさまでした。私も新しく出会った方々と色々なお話が出来てともて有意義な時間を過ごすことができました。

全て終わった後はドッと疲れがでましたが、決して嫌な疲れではなかったです。
帰りは気が抜けたのか、全然違う行き先の電車に乗ってしまった私はかなりトホホな感じですが、帰りの間違いでよかった。
家に帰ってお疲れ梅酒、ひと際美味しかったです。

2009年10月16日 (金)

風にたなびくボクの耳

今日は、父の車でタムを連れてミニドライブ。
明日のイベントの準備をしているうちに荷物が結構大きくなった。電車と車どちらが良いかと話していたら『明日は送っていく。』と張り切っている父。地図も調べて万全の様子、でも、いままでの経験上大体失敗するんだよねぇ、お父上。初めて行く場所はとても時間がかかるのだ。ちょっとしたところで迷ったり。ナビがあろうが地図があろうが迷うときは迷い、時間がかかりにかかり、車中は険悪な雰囲気、いつもそんな感じ。明日は余裕持って行きたいんだけどなぁ。と思っていたら、母が「今日行ってみなさいよ」と。

そんな訳でタムを連れてドライブがてら新百合ヶ丘まで明日の予行演習。
地元の駅までのお迎えで車に乗ることはあるものの、ちょっと長いドライブは久し振りのタム。途中のこどもの国辺りまでは何度か連れて行ったことがあるけれど、それももう数年前。いつものお迎えと違うと察したタム君、車に乗った途端ハイテンション。殆どハコ乗り状態(笑)
耳が真横にたなびいて、空飛びそうな勢い。

2009_10_16
興奮しすぎて、車の中でチビッてしまうほど…とほほ。
いったん途中下車しておしっこさせようにも、興奮しすぎて出るものでない。
また車に乗りなおし、一路新百合ヶ丘へ。やっぱり、曲がるところ間違えて迂回すること数回。予行演習してよかった~。これで明日は大丈夫。
直線距離だと意外に近い。でも渋滞もあるからね、明日の私のコンデションと出かける時間によって電車で行くか車で行くか決をめる事にした。

帰り道、コンビニで水とおやつを買って、緑山スタジオ近くの公園でお散歩。
一回、クールダウンさせないと、タムの興奮おさまらない。
数年前は貯水池だけだった場所が今日行ってみたら大きなグランドになっていた。誰も居ないし、犬の立ち入りOKと書いてある。よーし、ドックラン状態でひとっ走りしてみるか!とリード放して走り回ること数十分。これで帰りは疲れて寝てくれよ。
最後に公園の周りを一周。街路樹、少し紅葉が始まっていた。木漏れ日がキラキラととても綺麗。

Img_2789
カメラ構えてる間に、スタスタ歩いて行っちまった父とタム。小さくて殆どわからない後姿(笑)

車に戻り大好きな魚肉ソーセージをひと口貰ってご機嫌のタム。結局散歩も含めて2時間のドライブになった。気分転換には最高だったね。
今度は母親も一緒に連れて行こう!

2009年10月15日 (木)

いたずら大好き

昨日の夜の雷雨の空とはうって変って、今日は秋晴れいい天気。
このくらいの陽気が一年中続いてくれればいいのに~。と毎年思っている私。
日光あたりの紅葉もかなり始まっているらしい。真っ赤に染まるもみじや黄色い銀杏も眺めているだけで心洗われる感じでとても好き。でも紅葉の後にはさむーい冬がやってくるんだけどね。

絶好のシャンプー日和、今朝はタム君のシャンプーから一日がスタート。
昨日の雷で完全にフリーズしたビビリーなタム。雷が終わって暫くしても様子がおかしかったけど、今朝「シャンプーするよ!」の一声ですっかりテンション上がりまくり。
普段うるさい子が急におとなしくなってしまうと妙に心配してしまううちの家族。
元気にシャンプー終えたと思ったら、いたずらが始まりそうな予感…。

Img_2762
「お姉ちゃん、ボク2階に行きたいの。」
普段は自由に出入りされると、私の大事な作業中の石をくわえてきたり、そこらじゅうヨダレまみれにする。なので自由に行き来できないように階段に障害物をおいてある。雨などで暇をもてあました時は私の許可のもと、一緒に上がってくるのだけど。
今日は荷物も片付けてあったので「よし!」と障害物をどけてやった。Img_2763
物凄い勢いで2階に駆け上がるタム。
すると、私が追いかける間も無くあっと言う間に尻尾振って下りてきた。
おかしいぞ、いつもは私の部屋を探索し、弟の部屋のベッドで昼寝してくるのに。

Img_2764
やっぱりなんか盗って来た。
私のカバンのぽっけに入ってたのど飴。
犬の嗅覚って凄いよなぁ、と感心するくらい、食べ物のありかはすぐわかる。

勿論、怒られて取り上げられましたけどね。君に甘いモノは無用なんじゃ。
怒られているとき、バツがわるいとき、タムは絶対に目を合わせない。
「あぁ~あ、怒られちった。」そんな顔。
そんな表情豊かなタムが私は大好きである(笑)

2009年10月13日 (火)

よく働いてるぜ、私の手。

先日、2ヶ月振りに髪をカットしてきた。本当はヘアカラーをしに行ったつもりが、カラリストの方が不在でカットのみ。。
今年の春頃からストレスと年齢的なものあり、前髪の生え際を中心に大量の白いものが…。同時に髪の抜ける量が増え、なんだかおでこの面積がより広くなってきたような;10年ぶりくらいに前髪を作ったのが3ヶ月ほど前。自然な黒髪と前髪を作ったボブスタイルはとても久し振りで新鮮ではあったけど下ろして隠していた生え際の白いもの…伸びてくるうちにとても気になりはじめた。今日は思い切ってお家カラーをしてみる事に。

ちなみに母親の白髪染めは大体2ヶ月に1回私がやっている。近くにすむ祖母の伸びた髪をカットするのも私の担当。10代の頃美容師に憧れたこともあった私。髪をいじるのは嫌いではない。決して上手くはないけれど。
しかし自分の髪を染めるなんてどれ位ぶりだろう?中学時代の反抗期、親に黙ってブリーチした以来かな?準備をしながら若気の至りの数々を思い出したりして。
暫くカラーをしないなかったせいか髪の地色のトーンが均一だったので、まだらになる事無く全体的に明るいマロンカラーに仕上がった。気になっていた白髪も目立たなくなったし、まずまずの出来ぐあい。

一度染めるとその後のメンテナンスもしっかりしないと余計に汚らしくなってしまうのが髪と爪の手入れ。
一昔前まではネイルアートが大好きで(今でも余裕があればしたい所ですが)馴染みのサロンで馴染みのネイルアーティストさんにキラキラアートをして施してもらい、3週間に1度、2時間半ほど楽しいひと時を過ごしていた。
最近は家事と作品作り、両親へのアロマトリートメントに支障が出るので爪は白い部分がなくなるくらい短く切っている。一度短くすると少し伸びてくることがとても気になったり。あんなに長~く伸ばしていた頃が嘘のよう。

爪のお洒落が好きだった一番の理由は、いつでも自分で眺められるから。
洋服や髪型、お化粧などどんなに頑張って綺麗にしても鏡を見ないと自分を見られない。基本的にそんなにナルシストではないので鏡を気一に日過ごすって事もない(笑)
でも手元は気軽にいつでも見られる。アクセサリーでも一番好きなアイテムは指輪。ふと溜息をつきたくなるような瞬間も自分の好きなネイルアートやリングを眺めて一瞬の気分転換したこと何度もある。
人に身体の中で動きが多いパーツなので人からもよく見られる手元。これからの季節、乾燥でささくれが目立ってくる。皮膚もつっぱってカサカサになるんだなぁ。
指示を出しているのは脳だけど、手は文字も書くし、食事も作るし、アクセサリーも作る。改めて考えると良く働いてるな、私の手。

今日は久し振りにハンドマッサージでもして寝ようかな。

2009年10月12日 (月)

今日の幸せ

今週末17日(土)の花みずきのイベントまで後一週間を切った。
色々な雰囲気の作品の数も増え、細かい値付け、備品の用意、ディスプレイに必要な小物も大体の所準備が整った。
何かを始めるとき、迷いやためらいが先に立ってなかなか重い腰が上がらない私。
でも、いざ始めると決めたら今まで拡散していた集中力振り絞って取り掛かるタイプ。スロースターターなんだな。
今回のイベントは作品を見て頂くことがメインではない。あくまで交流会やイベントを盛り上げる引き立てや役。集まってくださったお客様が楽しい実のある時間を過ごす一環として手作り作品をご紹介する…と言うような位置づけだと私は考えている。主催者側のお手伝いとしての役割もありつつ講演会を観に行くお客様の立場としても両方楽しむことが出来れば良いなぁと思っている。そして自分の作品を直接触れて見ていただける絶好の機会。
作品作りはエネルギーの放出作業。作ることで放ったエネルギーとパワーを新たに吸収する事が出来れば尚幸せ。

幸せと言えば…37年生きていて最近良く感じる事。『ささやかな幸せを感じる事が出来なければ、それ以上の幸せは来ない。(感じられない)』

自分の気持ちや考え方がネガティブであればあるほど、ちょっとした心の変化や喜びを見失いがちになる。
苦しい状況にいると、特に天地がひっくり返るほどの劇的な変化を求めてしまいがち。大きな成功や達成感みたいなものだけを追い求めてしまうと小さなことを見過ごしてしまって、前進しているにも関わらず、その日々の小さな変化に気付かない勿体無いことをしてしまう事、多かれ少なかれ皆あるのではないだろうか。

今日、幸せを感じたこと。
母が私に「急いで下の部屋に降りてきて~」と呼んだ。
すると、野良猫ノンちゃんが寒い夜に凍えず朝を迎えられるように父が取り合えず作ったガムテープだらけのお家にリロがすっぽり入っていた。

Img_2740
好奇心旺盛な割りに臆病なリロ。両親の布団の上以外では居眠りもしないのに。他の子の巣箱に入って眠るとは…。ちょっと微笑ましい。
普段はどこで寝てるのか?風来坊のノンちゃんは寒い夜とご飯が欲しい時、このお家で待機してるらしい。他にも可愛がってくれる優しい人を何人か知ってる様子。怪我をしていた時は綺麗に毛が刈られ薬が塗られてあった。餌も毎回たらふく食べるわけではない。
我家はくつろぎの場所らしい^^
リロが巣箱に入って寝てる間、ノンちゃんは縁側で自由な感じで気ままに遊んでいた。

2009_10_12_2
最近は人懐っこさがまして、とても可愛い。
他にもモモちゃん、プッチー、メメちゃんと我家の庭には猫がいっぱい遊びに来る。
自由に気ままに楽しそうに生きている猫を見ているとリロだけ閉じ込めておくのは不憫に思える。と言ったわけで最近昼間の数十分、庭の散歩に出してやっている。
家に閉じ込めていた時は顔がブスくれて、人相ならぬ猫相がとても悪くなってしまったリロ。庭に出した途端、猫相良くなった(笑)
自由なのが幸せなのよね、猫は。自由を楽しんで幸せそうにしている猫たちを見て、私も幸せ感じた今朝の出来事。

作品作りに集中して最近手抜きが多かった我家の食卓。
今日は弟のリクエストもあって、パスタ2種。明太子とナポリタン。頑張るぞー

2009年10月11日 (日)

ロマンティック パール

昨日は、夜からの美容院(カットモデルなので閉店間際に)の前に、所要を済ませに玉川高島屋と自由が丘へお買物。

一緒に同行してくれたのは、今年冬までお付き合いしていたMさん。
付き合っている時も本当に色々あった私たち。
はっきり言ってこれからどういう関係になるのか全くわかりません。お互いに今後の事を話さないわけでもありません。でも何でもきちっと決めないほうが良いこともあったり、決めると焦ることもあったり。長い月日の中、紆余曲折を繰り返し穏やかな時間も苦しい時間も過ごしてきたからこそ、焦らずに今を大事に過ごしていきたいと思っている今日この頃。
くっついたり離れたりを繰り返しても何故懲りずに一緒に時を過ごすのか。
それはなんとも言いようのない安心感があるのです。真正面からぶつかってしまう感情が強くて人との距離感や関係性を常に考えすぎてしまうところがある私。変に力が入らず楽チンで居られる事は私にとってとても大事だったりするのです。

MさんはCMの制作の仕事をしている事もあって、美的センスにはうるさい方。せっかく会ったので目下奮闘中のアクセサリーフォトブックの採点をして頂きました。
「全くの素人が最初に作ったアルバムって事を視野に入れてあんまりケチョンケチョンに言わないでアドバイスしてね。」とガードをかけつつ(笑)
「コラージュ写真の構図は海外の雑誌などを参考にして大きさやレイアウトを考えたほうがよい」との指摘を受けたものの、写真そのものの撮り方は「良いんじゃない」と。ホッ。映像や画像に携わるプロに『頑張ってるで賞』を貰えるとちょっと自信がついたり、新たなやる気が出たり。

お洒落な店内で素敵な洋服やアクセサリーを眺めながら鋭気を養ったところで、石総数97石使った、ロマンティックな雰囲気漂うシャンパンカラーの『パール&クオーツネックレス』を制作。おそろいのブレスレットとイヤリングも。

Img_2727
照りの良いホワイトカラーのバロックオパール(天然色)と珍しい色味に惹かれて購入したシャンパンカラーの淡水パール(大きさ8ミリ)。淡水パールにしては巻きも照りも良く、えくぼも少ない上級品。トーンを合わせたブラウンカラーのスモーキークオーツとカットが美しい透明なクリスタル(水晶)をあわせ銅古美色のチェーンで繋いだ85cmのロングネックレス。アシンメトリーな部分とシンメトリーな部分が共存してるネックレスなので、これまたぐるぐる回しながら色々な表情楽しめる。
チェーンの上下には小さなスモーキークオーツと淡水パールが動くたびにシャラリと揺れて。

Img_2738
お揃いのブレスレットをロングネックレスのチェーン部分に引っ掛けると、二重のボリュームネックレスにもなる便利な作り。

Img_2739
秋から冬にかけてはパーティーやお食事会など、華やかな場面が多くなる季節。用途に合わせてゴージャスにもシックにも使い分けられるネックレスはとても便利。パールだけだとフォーマルすぎる…ストーンだけだとカジュアル過ぎる…普段使いとここぞのお洒落場面両用使いできそうな大人可愛いセットの完成。2009_10_11
海外の素敵な雑誌がなかったので勉強不足ではあるけれど、「大小様々な大きさの写真を組み合わせた方が良いよ」とのアドバイスを受けて作ったコラージュはこちら↑
お洒落心をくすぐる秋冬。
私もお洒落がしたいなぁ~。

2009年10月 9日 (金)

Winter Hair Accessory

今日は秋晴れ台風一過。
今日は一斉に傘を干した。
そこへ脱走リロさん。

Img_2698
傘の下で日向ぼっこ。あらま、寝てる。
可愛くて怒る気になれなかった家族一同。

昨日は月に一度の通院だった。一日台風の影響で電車のダイヤが乱れ、診察にくる患者も大幅に病院到着が遅れたらしい。予約診察なのにも関わらず、2時間半の待ち時間。たった10分の診察にドアtoドアで6時間。毎回覚悟はしていくものの流石にきのうは退屈しまくり。途中で何度も待合室から抜け出し、お茶をし行ったり、雑貨屋さんや衣料品店を覗いたり。
街はもうすっかり冬物が揃っていた。
今年もファーは依然人気。去年のライダースジャケットに続いてコンパクトなレザージャケットもウィンドーを飾っている。

冬物見ながら私の冬仕様アクセの構想が広がった。去年は冬に体調を崩し思うように作品が作れない時期があった。今年は絶対作りたい。レザーのコードやポンポンファーを取り出し、あれやこれや考えて作ったのがこちらのヘアーアクセ

Img_2713
ラビットのポンポンの下にストーンをブドウの房のように垂らしたもの。
キラキラ感が綺麗なのでスワロフスキーも使って。他はオニキス、スモーキークオーツ、グレームーンストーンを使用。
ポンポンだけは結構あるけど、天然石つきは珍しい。私のオリジナル。後ろでひとつに結んだり、ポニーテールにしたときにフワフワ&シャラシャラが大人可愛い冬のアクセント。

去年辺りから再ブームが来ているシュシュ。手が器用と言われる割には裁縫は苦手なので布を使ったものは作れない;。多少の編み物経験はあるので、ビーズやストーンを糸に通し、ゴムに絡めながら編みこんでいくタイプのものは以前も作った。ヘアアクセサリーは他のアクセサリーに比べてストーンの使用量が多過ぎると重さで髪からゴムが滑ってしまう。首に負担も掛かるのでアクリルの軽いビーズをメインにアクセントに天然石を使って。

Img_2711
透明感のあるグレーのアクリルビーズと不透明なメタリックカラーと濃いパープルのアクリルビーズの中に、ラベンダージェードを挟んだ。シックでもあり可愛らしくもあるゴムのビーズシュシュ。アクリルビーズだけでも可愛いのだけど、天然石が入ると高級感が出て作品が引き締まる…ような気がする(笑)左はイーグルアイジャスパーを挟んだモノトーンカラー。
天然石が放つ質感や雰囲気が好きな私は作品の中に絶対天然石を入れるのがこだわり。見た目だけでない重厚感があるので、バランスを考えて異素材と組み合わせたり。最近は、夏のイメージが強い貝(シェル)を秋冬作品に上手く取り入れるのが私の課題。

昨年から作りたかった作品をやっと作れた達成感もあって、次なるチャレンジは、ワイヤーにストーンやメタルパーツを通したフープピアス。
本当はフープ状のピアス金具に直接ストーンを通したかったのだけど、手持ちのパーツはワイヤーが太すぎてストーンが通らなかった。そこで、張りのあるナイロンコートのワイヤーを使う事に。

Img_2705_2
ストーンの重みでワイヤーがしなり、綺麗なドロップ型に。横からみても前からみても綺麗なシャンデリア調のピアスの出来上がり。

小さな作品たちですが、小さけれ小さいほどバランスとるのが難しく、ネックレスなどの大物より試行錯誤を繰り返す。その分いい作品が出来たときはとても嬉しい。

Img_2710
本日仕上がった作品を一堂に集めて…。

明日は休息日にするぞぉ。

2009年10月 7日 (水)

これなーんだ?

Img_2631_2

これ、タムです。
「お鼻ぴかぴか。ボク元気。雨の中お散歩2回行ってきたぜ。」

私はこの鼻の下のひげの生え方が海獣『せいうち』のミニバージョンみたいでとても好き。
良く鼻の下の毛を引っ張って怒られる。

一昔前、動物の顔を鼻から接写した画像が流行ったことがあったのを撮ってから思い出した。あの時はまだタムもリロも居なかった。ためしにちょっとやってみよう。

☆タムくん4コマ劇場☆

Img_2684
「あんまり近寄らないでよね。」

Img_2689
「ボク眠くなっちゃうよ。」

Img_2687
「おやつくれるならいいけどさ~」

Img_2680_2

「くれないなら、ボク寝るよ。」

はい、オチなしですみません。でもなんか癒されるこの顔。
キリッとしてない間抜け顔だからこそ可愛いのである。

リロにも同じことしようとしたら逃げられた。
そうよね。デリケートなリロちゃん。正面からの凝視は家族であってもイヤなんだもん。カメラなんてもっとイヤよね。

事故からかれこれ一ヶ月。嫌がるので余り足の傷を見ないでいたら、爪の根元が膿んでいて慌てて病院に連れていったのが1週間前。嫌いな飲み薬も頑張ってよく飲みました。観念して傷口もよく見せてくれるようになったね。もう少しでよくなるよ。
久し振りに2階の部屋に探検にきた所、私のカメラに逃げたリロ。
本日10月7日、リロ7歳の誕生日。まだまだ元気で長生きしてね。

Img_2674_1

「もう下の部屋に降りたいのだけど…。お姉ちゃん、どいて欲しいの」

嵐近付く日本列島。我家も植木をしまい、雨戸もきちっと閉めた。
そんな中でも家の中はとってもほのぼの。
我家の夜更けの和やかなひと時。さてこれからもう一仕事。

2009年10月 6日 (火)

雨降り止まず

雨が続いている。

明後日には大型台風が日本に上陸の予報。
今年は9月前半に秋が一足早くやってきてしまったお陰で、例年ならいつもどおりの秋雨前線&台風もピンと来なかったのは私だけだろうか?
今週後半はよんどころ無い外出が続く。傘が役に立たないほどの雨風は嫌だなぁなんて思ったり。

アクセサリーを作ったり作業に集中するときはテレビも音楽も一切つけない私。少し前までは鈴虫がBGMだった。鈴虫や雨音など規則的ではないが一定の音量で静かに刻むような音は好き。気持ちはゆったり、作業は黙々と進む。
でもやっぱり雨の日続きは何となく憂鬱。
同じ気持ちでいるのは私だけではない。雨の日のお散歩嫌いなタム。でも一日家に居るのは退屈。いたずらにも無駄吠えにも拍車が掛かる。

「雨足が弱まった今のうちに、さっさと行ってしまえ~」
父と2人がかりで無理やり着せたレインコート

Img_2626

「ボク、蒸れるからコレ嫌い。歩きづらいし」

着るといつもの事ながら身体がフリーズする。窮屈なの嫌なのね。でも着ないとドロドロになっちゃうし。
帽子も被って元気よく行ってみよう!

Img_2624_2

雨の日の散歩は行き交う車もすれ違う人達も皆親切。
いつもは交差点を全速力で通りすぎる車も9割以上の確立で一時停止してくれ、カッパ姿の私とタムを先に通してくれる。夜道や普通の日もそうしてくれると危なくないのだけど…と内心いつも思っている私。
シャンプーは大好きだけど、雨に濡れるのは嫌いなタム。雨の日は小走りでいつもの散歩コースを駆け抜ける。防水効果抜群のつり用のカッパ着てる私は全身サウナ状態。
気温コレだけ低くても汗びっしょり。
ひとっ風呂浴びて、カッパ洗濯して夕飯の準備に取り掛かろう!

今日のメニューは生姜焼き。身体あったまる大好きメニュー。

2009年10月 5日 (月)

本当は…

本当は今年のトレンドカラー「パープル」を使って大人な雰囲気のシックなネックレスを作ろうと思っていた。
メインで使いたかったストーンは『チャロアイト』
↓こちら
Img_2618
チャロアイトは3大ヒーリングストーンのひとつ。「強力な癒しのパワーをもち、浄化作用が強く、心を安定させ、感情、精神、肉体のバランスを保ち、純粋で優しい気持ちにさせる。」と言われていて今年はパープルがトレンドと言うこともあり、こちらのストーンも人気が高い。
シルク模様が美しく、とても好きなストーン。丸玉やコイン型はよく目にするものの、2cm強のフラットタンブルはなかなか珍しく、インクルージョンが少ないものはとても希少。
せっかく持っているのだから、流行に乗って作ってみよう。と思ったけれど意外に組み合わせが難しい。石質が滑らかで艶もあるせいかカジュアルな雰囲気になり辛い。
今までの経験上、試行錯誤を繰り返し(大体3回)ピンとくるものが浮かばなかった場合は無理に作っても駄作に終わる事が多い。なので、無理に作るのは止めにした。時間を置くと降ってきたようにデザインイメージが湧くこともある。その日を待つ事に。

出した石をケースにしまいながら、何となく気になった紅い『スポンジサンゴ』を手に取った。
朱色に近い赤なのだが質感がウッドビーズっぽくもあり、他のストーンに比べて軽い。去年の夏にターコイズと合わせてマットなテイストのピアスなんかを作ったきり暫く使うことが無かったが、なんだかムショーに作りたくなった。
巨峰のような濃いパープルのアメジストと締め色の黒ブラックオニキスを合わせ、大人なボヘミアン・フォークロアテイスト風に。
大きなドーナツ型のスポンジサンゴをトップに使い、チェーンとストーンを巻きつけた新境地。作っている間ワクワクが止まらなかった。
Img_2609
新しいデザインが浮かぶとやっぱり嬉しい。チェーンなどのパーツは銅古美。カジュアルになり過ぎないようビーズキャップにもこだわってみたり。
出来上がったのはこちら

2009_10_05
縦に長いネックレスになったので、ピアスも合わせてチェーン長め。
手持ちの洋服に当ててみたら意外にどんな色でも合ってしまった。赤、黒、グレー、茶、ベージュ、などなど。ブルーベリーや茄子紺のような濃い目のパープルにも合う 便利な赤。年代問わず使えそうなネックレス&ピアスのセット。

さて、新作作ってばかりではございません。
来る10月17日の花みずきの講演会でのアクセサリー出品準備、全てハンドメイドで進めております。依頼人のKさんからのリクエストもあり、展示商品の他に作品集(フォトブック)を作りました。
再三嘆いている通り、カメラとパソコン大の苦手。でも外注してもイメージ通りに出来ないとがっかりだし、時間も予算も余りない。これは勉強のため!と自作で頑張りました。
Img_2616_2
持っているデジカメが室内撮影&マクロ撮影(接写)に向いていない機種だと知ったのも最近。プリンターの調子もいまいち良くないし、出来栄えは100点には程遠いですが私なりに短い期間でよく頑張ったかなと。欲を出せばきりがないけど、課題は多い方が今後の糧にもなる。今の所全て自主制作って事で多目にみていただけたら…なんて。

2009年10月 4日 (日)

新作続きます。

以前作ったビタミンカラーのネックレスをアレンジして作り、改めて写真撮影。
前回の作品はイエローが強かったのですが、今回は柔らかいベージュ系からオレンジへのグラデーション。

ネックレスの途中に丸いサークル状のパーツが組まれており、そこにマンテルと言うと留め金をつけるとY字ネックレスにも変身。
トップも着脱可能なので、何通りでもアレンジできる。
ブラウンのシックなタートルセーターや、キャメルの革のジャケットなんかにも合いそうな1本。もうすぐハロウィンだし、秋のオレンジカラーも良いんじゃないでしょうか?

2009_10_024
使用ストーンはカーネリアン・カーネリアンサードニクス・ファイヤーアゲード・アフリカンオパール・マザーオブパール・ニュージェイド・オレンジムーンストーン
ピアスもお揃いで。宝石質のカーネリアン。鮮やかなオレンジが目を惹きます。

続いて先日作ったピアスに合わせたペンダント

2009_10_027
スクエアなスモーキークオーツと珍しいレモンクオーツとスモーキークオーツのミックスストーン、黄金色の淡水パールを合わせました。小さなストーンが動くたびに揺れます。パーツはアンティーク風な銅古美色。何となくノスタルジックな雰囲気漂うセットです。

2009年10月 3日 (土)

グレーグラデーション

昨日に引き続き、新作のご紹介。

写真を撮るのに効果的な演出をしてくれるが、ディスプレイ小物。専用用品じゃなくたって意外に素敵に飾れたりする。本日は100円ショップにて購入してきた園芸用品を使って。予算500円。色々悩んだ結果、こちらに決まりました。
ラティス風の花台とワイヤーの小さな鉢スタンド。小物を入れたり、引っ掛けたりアレンジがきくかな。テーブルディスプレイとしても結構可愛い。

Img_2581

アンティークっぽくもあり、アジアンチックでもあり、木の素朴さと落ち着いた色味がなかなか良かった。

新作はイーグルアイジャスパーをメインに使ったネックレス。トップが着脱可能。色味はグレーとブラックのみのクールカラーだが、カットや質感の違う石を色々使い、統一感ありながらも何通りにも使用できる。

使用ストーンは
イーグルアイジャスパー・ラブラドライト・ブラックオニキス・黒蝶貝・ミックスタイガーアイ・ブラックスピネル。色は地味めでも艶やかな石質が高級感も醸し出している。
コラージュはこちら。
2009_10_0222
もう一点、先日作ったラブラドライトのペンダントとお揃いのピアス。
使用ストーンは
ラブラドライト、アクアマリン、エンジェライト。
ペールトーンの優しい色合いのペンダント&ピアス

2009_10_023

話は唐突にかわって、今日は十五夜のお月見。
朝は豪雨だったけれど、午後には雨もあがり、先程まんまるお月様チラッと雲の合間から見えました。
本日は父の定年まで職人をしていた和菓子屋さんのモチモチしこしこ『月見団子』を買って家族で頂きました。一年に一度の月見団子。来年も美味しく食べたいな。

2009年10月 2日 (金)

秋色ネックレス&ピアス

半月ほど前に、私の友人のお母様(Kさん)より、嬉しいお話をいただいた。

女性の自立支援をサポートする団体花みずきが活動10周年を記念して10月17日(土)に講演会&交流会を開催する。(会場:新百合ヶ丘トウェンティーワン(21)ホール 詳しくは花みずきHPにて)その会場の受付の一角で手作り作品を即売する企画があり、そこに私の作品を少し出品してみてはいかがでしょう?…とお声をかけて頂いた。

アクセサリーを販売する機会を与えて下さったそのお話自体も嬉しかったが、電話や面談で女性の悩みを聞く(カウンセリング)の団体からのお誘いという事が私の心を強く突き動かした。
何を隠そう私もカウンセリング経験者だからだ。

過去の人生、今の生き方、体調、精神的不安…色々思い悩みながらも、これといった解決策を自分で見つける事が出来ず、苦しんだ日々が長く続いた。近くにいる家族や友人も心配してくれたが、なかなか解決の糸口が掴めなかった。そんな時、家族の強い勧めもあってカウンセリングを受ける事にした。
行く事を決めるまでにも勇気が要った。行く事を決めてからも躊躇いがあった。内科や皮膚科に行くのとは全く違う緊張感。医者でもないのに私の何がわかる?なんて気持ちも正直あった。でも、自分の言葉で今の状態や気持ちを話すことが先ず一歩前進に繋がるのだ。と決心をし自分で通う事を決めた。
カウンセラーが私の心に成り代わってくれる訳ではない。話しながら一緒に考え、生きるヒントを与えてくれる。それを生かすも殺すも自分(私)次第。
信頼できる相手(勿論相性もありますが)、利害関係の無い関係、心理学のプロである人に話をする事で、私の想像を遥かに超えるくらい、情緒が安定し思考の整理が出来るようになった。
勿論、相手はプロです。でもその前にひとりの人間。こちらが本気で投げかければ真剣に応えようとしてくれる。
立ち止まってみても、もがいてみても、どうしてもうまく行かない時、こういう機関に話を聞いてもらうこと、私は有りだと思う。

そんな経験がある私にとってKさんからのお話は嬉しいだけでなく、私がカウンセリングを通して得たものに対して少しばかり恩返しが出来る願ってもいない機会だと強く感じた。
そのお話を受けて以来、こつこつと小さな作品作りに勤しんでいる。

出品する作品は携帯ストラップやピアス、イヤリング等の小さな天然石アクセサリー。
先日映画を観に行った帰り雑貨屋さんで購入した貝殻をディスプレイに使ってみたのがこちら。

Img_2575
アクセサリーを作るのはそれなりに得意なのだが、カメラやパソコンはてんで苦手。
作った作品を綺麗に撮り編集するのが目下の課題。しかし今日は脱線。新作作りに取り掛かってしまった。
煮詰まったとき、違ったことをして気分転換するのは、精神衛生上も良いのである!と言い訳したりして。
今日の作品はこちら。(画像クリックすると大きくなります)
2009_10_02_2
柿色の朱赤がアクセントの秋色ネックレスとピアス。
カーネリアンサードニクス(柿色)とスモーキークオーツ、ゴールデンパイライト、ゴールドオブシディアン、ブラックオニキスを使用。
朱色~ブラウン~黒のグラデーション。80センチのロングネックレス。繋ぎのカンなし仕上げなので、ぐるぐる回してどの石がトップにきても色々な表情楽しめる。

画像編集ソフト使ってちょっと頑張ってみたのですが、少しは上達してるでしょうか…?

話は戻って、10月17日の講演会&交流会、私も午後の講演会を拝聴しに伺う予定。
興味のある方は花みずきまでお問合せください!

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31