« ホームセンター | トップページ | 創作活動の秋 »

2009年9月 8日 (火)

おから

最近、野菜の値段が高騰中である。
野菜大好き人間集合体の我家としては、非常に困った事態。
しかし、今日は駅前スーパーの前で行われる月に2回の「青空市場」(←これ勝手に命名。)
地元産を中心に新鮮な野菜が安く手に入る日だ。

両親が買出しに出かけている中、私は近所の豆腐屋さんで買ってきた出来立てフワフワのおからを煮る準備に取り掛かる。
量は500㌘を4袋。計2㌔分のおから。
半分は人間用、残り半分はタムのご飯用だ。

フライパン2個でひたすら乾煎りする。蒸気が上がり、出来立ての豆乳のような甘い香りがして来たらストップ。
他の具材はゴボウ、にんじん、ひじき、干し椎茸、油揚げ。
味付けは干ししいたけの戻し汁2カップにしょう油、砂糖、お酒を適量。
おから以外の材料をごま油で炒め、カップ2~3杯分の煮汁(調味液)を入れたら、中火でぐつぐつ。
かなり水浸しな感じが丁度良い。
味が染みてきたら、おからをドッと投入。
乾煎りしたおからはグングン味と水分を吸収するので、あっと言う間に煮汁がなくなる。
他の煮物と違って、後から味の調整をすると味が偏ってしまうのが卯の花。
煮汁の量と味の濃さを鍋に入れる前に見極めておかないと味が薄かったり、煮汁が足りなかったり失敗も多い。

もともとはタム用に買ってきたおからだったが、豆腐屋さんだけあって量も多く安いので人間も食べようということになり、卯の花作りが月に1回~2回。恒例メニューになった。かなりの回数作るようになってコツも覚え、味も定着。今日は美味しい卯の花が出来上がった。

青空市場の戦利品、蓮根でキンピラも作り、今日の夕飯は野菜メニュー。
秋茄子とピーマンを焼いて生姜醤油で頂いた。
野菜が甘くてとても美味。メインデッシュは無し;ベジタリアンの食卓のようになったが、お味的にはとても満足。食物繊維も豊富だし、たまには身体のお掃除メニューがあっても良し。

Img_2354

タムのご飯におからを採用したのが4ヶ月前。
ウンチの量と硬さ(お腹が弱い子なのです)を調整してくれ、栄養価が高く、低カロリー低コストの食材は…?と探した結果、おからに行き着いた。
毎日のご飯はドッグフード1カップに野菜と鶏肉を茹でたスープを掛け、おからorサツマイモorカボチャorゆで卵or煮干と海草類のフリカケをトッピングしたものを1日2回。
ドックフードだけより食いつきも良く、お腹の調子もよくなり、ダイエットにも成功!
おからは乾煎りしておけばパウダー状になり、冷凍庫で3週間位持つので30gに小分けしてストックしておく。

2009090816570000 今日のタムご飯は
白菜・大根・にんじんand鶏肉の胸肉のスープ
カリカリフード1カップ
おから30g

出来立てのおからはおいしいぞ!

Gohan2
手作りご飯大好きなのだ。
早い早いあっと言う間に完食です。

2009082122210000_2家族みんなでごちそうさまでした!

« ホームセンター | トップページ | 創作活動の秋 »

動物の事」カテゴリの記事

料理の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518521/46157946

この記事へのトラックバック一覧です: おから:

« ホームセンター | トップページ | 創作活動の秋 »

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31