« カラフル 携帯ストラップ | トップページ | 立ち止まる »

2009年9月16日 (水)

猫の涙

リロが事故にあって明日で一週間。
たまに起き出し、部屋の中を歩くもののまだ目に生気がなく、足どりも重い。
今までは「さっきも食べたでしょ!」と言われても一日に何度も何度も母に身体を摺り寄せ、餌をねだる姿がリロの日常であった。一分も狂わない正確な腹時計を内臓し一日二回のお食事タイムに命を掛けているタムとは大違い。しかし今は寝ている布団まで餌をもっていかないと食べない。持っていっても食べないこともある。怪我自体は酷くないが、全身打撲をしたせいか身体全体が硬く腫れている。
とにかくだるそうで、元気がない。

『あなたが元気ないとお姉ちゃんまで(私)元気なくなっちゃうよ。』

さっき心配になって身体を触り、たくさん撫でてやったらゴロゴロ始まった。
久し振りにお腹も見せた。ちょっと安心。

そこでやめておけば良かったのに…。
気になっていた足の爪の傷がどうなっているかをチェックしようと肉球を押さえたら、「ウーッ(`ε´)」と歯をむき出しにして怒られてしまった。
ちなみにリロを7年飼っていて怒られた事は過去に1度だけ。間違って爪を短く切りすぎた時。あのときも怒ったトラみたいな顔をしていた。
すぐさま「ごめんね、ごめんねぇ~」とU字工事のような口調になってしまった自分に呆れながらもリロに謝り続けた。

すると、リロの大きな瞳がジワーッと滲み涙がこぼれた。しかも大粒の涙。
一瞬の出来事だった。
体調が悪い時や風邪を引いた時など、猫は涙目になる事は多い。事故直後もよく涙を流していた。それはきっと事故のショックで内臓機能も低下し体調が優れないからだと思っていた。
猫は感情の高振りなど情緒から涙を流す動物ではない。
では何故涙を流したのだろう。

きっととっても痛かったんだ。
涙が出るほど痛かったのね。

ごめんよリロ。
許してくれるだろうか…。

« カラフル 携帯ストラップ | トップページ | 立ち止まる »

動物の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518521/46228910

この記事へのトラックバック一覧です: 猫の涙:

« カラフル 携帯ストラップ | トップページ | 立ち止まる »

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31