« 創作活動の秋 | トップページ | 一安心 »

2009年9月10日 (木)

ショック

今日の夕方、私が外出から帰って間もなく、タムの大きな鳴き声とご近所の方の声、そして母親の慌てた声に嫌な予感がした。
急いで2階の部屋から玄関に駆けつけると、うちの前で猫が車にはねられ、暫くうずくまった後、慌てて逃げて行ったと大騒ぎになっていた。走って逃げたとき、鈴の音がしたと。

うちも含めて鈴をつけている猫は2匹。
リロか隣のうちの猫ちゃんに違いない。
2年前タムが交通事故に遭った時、パニックになって家の前を駆け抜けて1キロ離れた公園でうずくまっていた。
とにかく、探さなければ。

猫ちゃんを飼っているおうちの方にも声を掛け大騒ぎになって探すこと30分
2階の物置部屋でリロの声が。

足と頭から血を流し、うずくまっていた。

あーうちの子だった。

ご近所さん達はみんな動物を飼っている。
みんな他人事ではないと、病院に連絡をとってくださったり、車を出してくださったり、本当に親切にして頂いた。こういう時ご近所パワーってとてもあり難い。
騒いで頂かなかったら、リロの事故にも気が付かなかったかもしれない。

レントゲンと超音波の結果、命に別状はないとの診断。
ただかなり激しく身体をぶつけ、地面にしがみついたらしく、全ての爪が剥がれてしまい、肉球もかなり損傷していた。
痛かったろうに…。
母は病院で気を失いかけた。
リロはママっこなのだ。一日中母の側から離れない。母もリロを愛している。
私がしっかりしないと。と先生の話を一生懸命聞いてきた。
交通事故の場合、脳に異常が出るのは数日たってからの事が多いとの事。
脳が腫れないようステロイドの注射を打って今日はおうちに帰ってきた。

ショックと安心感で、私はへたり気味。
リロも落ち着かない。
タムもとてもおとなしい。家族の一大事をちゃんと感じている。

今夜は母親と交替でリロの様子を経過観察。
きっと大丈夫。
大事には至らない。
そう信じてる。

注射が切れたら、痛いだろうね。
頑張れリロ。

今日からお庭に行けないけれど、我慢だよ。
あなたの命の方が大事だから。

« 創作活動の秋 | トップページ | 一安心 »

動物の事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/518521/46176713

この記事へのトラックバック一覧です: ショック:

« 創作活動の秋 | トップページ | 一安心 »

無料ブログはココログ

Pietra pietra

ギャラリー秀マルシェ

  • ギャラリー秀マルシェ
    たまプラーザと鷺沼の間にあるギャラリー秀にて行う月に1度のマルシェの情報を発信しています。
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31